top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「551創業者の孫が監修」で話題の『羅家 東京豚饅』の豚まんを初日にゲット! 551と食べ比べた正直な感想

ロケットニュース24

「551創業者の孫が監修」で話題の『羅家 東京豚饅』の豚まんを初日にゲット! 551と食べ比べた正直な感想

2021年11月25日に、東京・恵比寿にオープンした豚まん屋「羅家 東京豚饅」が注目を集めている。理由は一つしかない。この新しい豚まん屋が、豚まん界のレジェンド「551蓬莱」創業者の孫が監修しているらしいからだ。

ほーん、もしもこの「羅家 東京豚饅」のクオリティが551に比肩するものであれば、同店舗は都民の抱える551の豚まんへの渇望を癒せる、ビッグなスポットとなり得るかもしれない。これは食べ比べてみるしかねぇ……!

・話題

東京で暮らす者にとって、551の豚まんが持つ魅力は、ともすれば関西民にとってのそれ以上かもしれない。なぜなら551は東京に出店していないから。まあ、たまにデパート等に期間限定で出店したりしているのだが。

ちなみに、Jキャストニュースが報じたところによると、「551蓬莱」は「羅家 東京豚饅」の事を全く把握しておらず、我々同様にその存在をネットニュースで知ったもよう。

どうやらオフィシャルにレシピを提供したわけではなく、また「羅家 東京豚饅」側も551のレシピは知らないようだ。あくまで551創業者の孫の知る豚まんの味を再現したものと言うことらしい。ヒュー、なんだか世間がザワつきそうなストーリーだぜ。

広告の後にも続きます

まあ、背景がどうあれ絶対混むだろう。その状況をお伝えするのも記事のネタとしては悪くない。2~3数時間程度なら余裕で待つ用意はあるというもの。ということで、開店から約30分後の、お昼の12時5分に現場を撮影した写真がこちら。

行列は角を曲がり、まだ10メートルほど続いているようす。詳細な人数は不明だが、ぱっと見100~150人くらいだろうか? 中には複数人のグループで綺麗に一列になっていはいない感じのも見えたので、もっと多いかもしれない。

こうして撮影している間にも列が伸びてしまっているので、早々に切り上げて最後尾に並ぶ筆者。あれはTV局だろうか? 大きいカメラを担いだ人の姿も。世間的にも注目度が高いことをうかがわせる。

お値段は通常の「豚饅」が1個200円。他にも種類があるようだが、この日は既に売り切れていた。ということで、今回は「豚饅」を4つ注文しようと思う。

・ゲット

色々あって詳細は長くなるため本文では割愛するが、そこから待つ事ざっと8時間。20時過ぎにゲットした豚まんがこちら。

お値段は税込み800円……の予定が、色々あって「お待たせして大変申し訳ございませんでした。本日のお代は頂いておりませんので」ということで、無料だった。まあ、8時間待ったしな。誠意は感じるが、800円を無料にしてカバーできるかというのは、それぞれの時間に対する金銭感覚次第だろう。8時間だし。

・551との比較

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル