top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【知ってた?】エジプトにも「焼きいも売りのおじさん」がいる

ロケットニュース24

【知ってた?】エジプトにも「焼きいも売りのおじさん」がいる

「冬に食べるもの」「日本独自の食べ物」というイメージが強い『焼きいも』だが、実は中東・エジプトでも盛んに食べられていることをご存知だろうか。しかも “おじさんが屋台を引っぱって街を練り歩く” という、日本と同じスタイルで売られているのである。

エジプトは11月現在も最高気温が30度前後。カラッカラに乾燥したこの地で売られる焼きいもとは、果たして日本と同様に「アツアツのホッカホカ」なのか? さっそくおじさんを呼び止めてみよう。すいませ〜ん焼きいもひとつ、く〜ださい!

・特に探す必要はない

なお首都カイロ中心部の中でも “ガチの中心部” は車の往来が激しく、とてもおじさんが屋台を引ける状況ではない。

カイロ中心部でも少し静かなエリア、また地元の人が居住するエリアなどへ行けば、かなりの高確率で焼きいも屋台に遭遇することができるだろう。屋台といっても昔ながらの手押し車であるため、おじさんの行動範囲はそこまで広くないことが予想される。

荷台に生サツマイモが山積みされているのがエジプト・スタイルだ。それにしても……ずいぶん大きなサツマイモだな。イモ好きの私は比較的サツマイモを購入するほうなのだが、日本でこのサイズのものが売られていたらまず買わない。ハズレの可能性が高いからである。

広告の後にも続きます

日本で屋台の焼きいもといえば『石焼きいも』が主流なのに対し、こちらは鉄釜で豪快に蒸し焼き。廃材をガンガン燃やしている様子だが、うっかり屋台が燃えないか少し心配だ。

おじさんは熟練の手つきでイモを取り出し……

チョチョイ! と切ってパックに詰めてくれる。気になるお値段は20EGP(約146円)。

ちなみに私は「いっこちょうだい」と伝えたつもりだったのだが、なぜか手渡されたのは2パック。言葉がうまく通じなかったのか、あるいは “2パックで1つ” なのだろうか……? まぁ、どちらにせよ日本で買う焼きいもより安いのは間違いないだろう。

・エジプトの焼きいも初体験

イモを求める客は意外に多く、屋台を取り囲むように行列ができていた。周囲の客にあらかたイモを売り終わると、おじさんの屋台は牛のごとくノロノロと動きはじめる。

なお同じエリアで毎日同じおじさんを見かけたので、焼きいも売りにもナワバリ的なものがあるのかもしれない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル