top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

地元の人々に愛されていたホームレスが事故で他界。数千人が葬儀に出席

カラパイア


image credit:Anshul Saxena/Twitter

 インドのカルナータカ州に、地域住民にとても愛されていたホームレス男性がいた。彼がどこから来たのか、なぜホームレスになったのかは誰も知らない。

 だが住民らはそのホームレスを気遣い、特別な絆が築かれていたという。

 しかし先日、そのホームレス男性が交通事故で命を落とすという悲劇が起こった。地域住民らの手で行われた葬儀には、彼を見送るために3000人以上の人が集まったという。

地域住民に愛されたホームレス男性

 インド南西部カルナータカ州ヴィジャヤナガラ地区フーヴィナハダガリの町で、ホームレスとして暮らし続けたバサヴァさんはフッチチャ・バシャとも呼ばれ、地域住民の間によく知られていた。

 バサヴァさんは精神障害を抱えており、毎日住民や店から施しを受けて生活していたという。

 バサヴァさんがどこから来たのか、どこかに家族がいるのか、またなぜホームレスになったのかということを知る人は、誰もいなかったようだ。

 バサヴァさんは、人々から毎日1ルピー(約1.6円)のみを受け取って1日1日を繋いでいた。1ルピー以上を渡そうと思っても、バサヴァさんはそれを断り、残りのお金を必ず返した。

 施しをしてくれる全ての人を、バサヴァさんは敬意をこめて「アッパ・ジ(父という意味)」と呼び、住民らもまたバサヴァさんは「幸運をもたらしてくれる存在」と信じていた。

バスにはねられ帰らぬ人に

 バサヴァさんは、路上で暮らすホームレスではあったが、その人柄で、地域住民らと特別な絆を結んでいた。

 毎日バス停の小屋で寝泊まりしているバサヴァさんを、皆気にかけていた。

 ある日、バサヴァさんさんの姿が見えないことに気付いた住民の呼びかけにより、地域中の人々が総出でバサヴァさんの行方を捜索することもあったという。

 発見された時には、全員が安堵の声を漏らすほど、バサヴァさんはみんなに好かれていた。

 また、ある時には当局がホームレスの取り締まるために地域にやって来て、バサヴァさんをリハビリ施設へ連れて行こうとした。

 しかし、この時も住民総出で反対し、その結果バサヴァさんはそのまま地域に留まることになった。

 住民たちにとって、それほど特別な存在だったバサヴァさんだが、11月12日、バスにはねられて重傷を負い、公立病院へ搬送されるも、その3日後、帰らぬ人となってしまった。

4千人近い人々が葬儀に参列しバサヴァさんを見送る

 地域の住民や組織、店主らはお金を出し合い、11月14日にバサヴァさんのために壮大な葬儀を行った。  住民の1人は、バサヴァさんのことを次のように語っている。
2本しかない前歯で、ニッコリと笑う姿が特徴的だった。誰にも迷惑をかけず、死ぬまで地域の人々に愛されていた。
 フーヴィナハダガリの多くの住民から愛されたバサヴァさんの葬儀には、4000人近い人々が参加。音楽を流して多くの花を棺にたむけ、バサヴァさんの最期を見送ったという。

References:Thousands gather for last rites of a mentally challenged beggar in Karnataka | Cities News,The Indian Express / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル