top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

神村学園vs鹿児島城西

高校野球ドットコム

4連続タイムリーで逆転・神村学園

 今年の県内最後の公式戦の決勝は神村学園と鹿児島城西、同じ南薩地区で鎬を削る宿命のライバル同士の顔合わせとなった。

 先手を取ったのは鹿児島城西。2回表、無死一、二塁から6番・俣木将伸、7番・安達光信の連続タイムリー、9番・田畑諒太郎、1番・濱田陵輔の連続タイムリーと5安打を集中し、打者一巡で5点のビッグイニングを作り、初戦から3戦連続コールド勝ちした破壊力を見せつけた。

 その裏、神村学園もすぐさま反撃に転じる。連続三振で簡単に二死となった後、7番・山本光大のセンターオーバー三塁打を皮切りに、4連打を浴びせ、3点を返した。

 4回表、鹿児島城西も二死から粘って一、二塁とし2番・黒川虎太郎のセンター前タイムリーで点差を3点に広げた。

 前半は鹿児島城西がペースを握っていたが、大きく流れを変えたのは5回裏だった。

広告の後にも続きます

 一死二塁から2番・松尾龍樹のライト前タイムリーを皮切りに、3番・秋元悠汰がライトオーバー三塁打、4番・今岡歩夢がレフトオーバー二塁打、5番・松永優斗がライト前タイムリーと4連続タイムリーで4点を返して逆転に成功する。

 勢いづいた神村学園は6回、暴投などで2点、7回は7番・山本のライトスタンドへのソロホームランと相手のエラーで3点、8回にもダメ押しの1点と毎回得点で突き放した。

 鹿児島城西は5投手の継投などで流れを変えようと試みたが、神村学園の勢いを止められなかった。

 神村学園の先発は、準決勝に続いて右腕の松元涼馬。4回までに6失点と苦しい序盤だったが、5回以降は鹿児島城西の強力打線を散発2安打に封じ、追加点を許さず。2試合連続完投勝利で、神村学園が大会2連覇を達成した。

(取材=政 純一郎)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル