top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『真・女神転生V』レビュー:我々の判断が試される……! 2021年の今プレイするべきRPG

ガジェット通信

「メガテニスト」と呼ばれるコアなファンを持つRPG「真・女神転生」シリーズ。その最新作である『真・女神転生V』(Nintendo Switch)がとうとう発売された。「真」が付かないファミコン版『女神転生』からの「メガテニスト」である筆者も、もちろん自腹購入したので、レビューをお届けしたい。

「真・女神転生」シリーズを特徴づける3つの魅力

「真・女神転生」は、他のRPGにない特徴を持った作品でコアなファンを抱えていることで知られる。では、どんな特徴を持っているのか。それは、「敵を仲間(=仲魔)にできる」「宗教を背景とした奥深い世界観」「プレスターンバトルの緊迫感」の3点だろう。

この内、「敵を仲間(=仲魔)にできる」「宗教を背景とした奥深い世界観」については、シリーズの原点であるファミコン版『女神転生』から既に有していた。『女神転生』の発売は1987年。『ポケットモンスター』や『ドラゴンクエスト』シリーズをはじめ、現在では敵モンスターを仲間にできるRPGも存在しているが、『女神転生』はその元祖と言える。そして、元祖にして『女神転生』ならではの特徴が、「会話」と「合体」だ。

「女神転生」シリーズでは、敵を「仲魔」にするため、戦闘中に会話を行う。会話が上手くいけば交渉成立、晴れて「仲魔」となるわけだ。しかし、会話に失敗した場合、下手すると一方的に攻撃されてしまう。また、ただ話をするだけでなく、交渉のためには「女神転生」シリーズにおけるお金「マッカ」や、アイテムを差し出さなければならないこともある。それどころか、HPやMPを吸収されることもあってリスクが高い。

そんなリスキーな会話の結果、ようやくできた「仲魔」を「合体」の素材にしてしまうのも『女神転生』の特徴。「合体」は、文字通り2体以上の「仲魔」を合体することで、別の悪魔を生み出すこと。上手く使うことで、現在の「仲魔」よりも強い「仲魔」を手に入れることができるわけだ。

広告の後にも続きます

この「会話」と「合体」の時点で既に、『女神転生』の空気感を得られるのではないだろうか。「ピカチュウはオレの大切な仲間だ!」だとか、「モンスターにだって心はある! ホイミンだって人間になれる!」みたいな空気とは真逆。自分のパーティーを強化するために、口八丁で敵を口説き落とし、容赦なく合体してより強力な仲間を作り出していく。そんな背徳的な空気こそ、「女神転生」シリーズのそれだ。

この空気を象徴するセリフこそ、「悪魔を殺して平気なの?」だろう。敵=悪魔との会話の際、戦闘によって敵を殺戮しまくっている主人公=プレイヤーに対して『真・女神転生』で投げかけられるセリフがこれだ。

なお、「宗教を背景とした奥深い世界観」については初代『女神転生』ではやや薄く、確固たる世界観を築き上げたのは、ファミコン版『デジタル・デビル物語 女神転生II』からだろう。これは、西谷史氏の小説『デジタル・デビル・ストーリー 女神転生』原作の初代『女神転生』に対し、『女神転生II』からオリジナルストーリーとなったからだと思う。初代『女神転生』の時点でも、ルシファーやロキ、ケルベロスにイザナギ・イザナミなど、シリーズの骨子となる宗教要素は登場している。しかし、まだテーマといえるほどではなかった。これが『女神転生II』になると、「宗教」がテーマとして関わってくる。

(画像はファミコン版『デジタル・デビル物語 女神転生II』パッケージ)

『女神転生II』の世界では、悪魔の勢力がそれぞれ対立をしている。悪魔と書いたが、「女神転生」シリーズにおける悪魔は、神に等しい存在だ。要するに、キリスト教の神こそが神であり、それ以外の宗教の神は、異端の神……すなわち、悪魔ということ。『女神転生』はこの設定を、完全オリジナルで生み出したわけではなく、ある程度現実の神話・歴史に即した形で取り込んでいる。

たとえば、シリアの神「バアル」は、キリスト教において「ベルゼブブ」「バエル」という2つの悪魔として語られた。『女神転生II』ではこの逸話を取り込み、「ベルゼブブ」と「バエル」が合体、「バアル」としての姿を取り戻すというイベントがある。こうした宗教的イベントに絡んでくるのが、「価値観」に対する選択肢だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル