top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

冒頭映像解禁!まるで、リアリティーショー!絵画オークション史上最高額・510億円での落札の瞬間『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』

cinefil

13万円だった絵が、どのように史上最高額の510億円に? 暴かれるアート界の闇。
ミステリー小説のような濃度で放つ、 欲望まみれのミステリー・ノンフィクション、ついに解禁!

2017 年、アート界に激震が走った!一枚の絵がオークションで、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の傑作とされる「サルバトール・ムンディ」= 通称「男性版モナ・リザ」として、史上最高額となる 510 億円で落札されたのだ。
“購入者は誰なのか、これによって真のダ・ヴィンチ作品だと証明されたのか?” 世界中の人々の関心を集め、今なお謎が深まるばかりのこの名画にまつわる疑問を鋭く紐解いていくだけでなく、知られざるアート界のからくり、闇の金銭取引の実態をまでも生々しく暴いていくー欲望まみれのミステリー・ノンフィクションムービー『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』が11/26(金) よりTOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー、絵画オークション史上最高額 510 億円で落札される瞬間!まるでリアリティショーのような冒頭映像を解禁致します。

(c)2021 Zadig Productions (c) Zadig Productions – FTV

社会情勢、経済や紛争と戦争、そして日々ネットで溢れかえるフェイクニュース。目まぐるしく世界を駆け巡るさまざまな出来事とともに“アート界激震”の話題として<オークション史上最高額 510 億円で落札された >「サルバトール・ムンディ」のニュースが紹介される。レオナルド・ダヴィンチ、最後の傑作とされながらも約 100 年に渡って行方知らずだった本絵画。老舗オークションハウスのクリスティーズでは2億 4 千万ドルから落札がスタート、遂には 4 億ドル(510 億円)にまで価格が競り上がっていく様子はまるで過激なリアリティショー!?しかし、お祭り騒動は束の間、落札された後なぜか行方しれずになったこの絵画をめぐって、世間は騒然、ついに特別検察官モラーが絵画の捜索に乗り出すまでに。「私は正しい、絵は本物だ」「多分僕は誰かを敵に回したな」「美術界には富豪の懐を狙う人間がコマンといる」ー美術商、研究者、ジャーナリストなどさまざまな立場からの「サルバトール・ムンディ」に対する赤裸々な発言も更なる謎を呼ぶ緊迫感あふれる冒頭映像となっております。

『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』予告編

【ストーリー】

すべてはニューヨークの美術商の“第六感”から始まった。ダ・ヴィンチには“消えた絵”があり、それには救世主が描かれているという説がある。名も無き競売会社のカタログに掲載された絵を見て、もしかしたらと閃いた美術商が13万円で落札したのだ。彼らはロンドンのナショナル・ギャラリーに接触、専門家の鑑定を得たギャラリーは、ダ・ヴィンチの作品として展示する。お墨付きをもらったこの絵に、あらゆる魑魅魍魎が群がった!その意外な身元を明かすコレクター、手数料を騙し取る仲介者、利用されたハリウッドスター、巧妙なプレゼンでオークションを操作するマーケティングマン、国際政治での暗躍が噂されるある国の王子──。一方で、「ダ・ヴィンチの弟子による作品だ」と断言する権威も現れる。そして遂に、510億円の出所が明かされるが、それはルーブル美術館を巻き込んだ、新たな謎の始まりだった──。

広告の後にも続きます

監督:アントワーヌ・ヴィトキーヌ
原題:The Savior For Sale/100 分/フランス映画/カラー/ヴィスタ/5.1ch デジタル
字幕翻訳:松岡葉子
(c)2021 Zadig Productions (c) Zadig Productions – FTV

11/26(金)TOHO シネマズ シャンテほか全国順次ロードショ

映画『ダヴィンチは誰に微笑む』公式サイト

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル