top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

40歳の年の差。それは、純粋な愛だけで解決できるものではなくて

ホンシェルジュ

教授と大学院生の歳の差恋愛を描いた『長閑の庭』。不器用な女の子と堅物な教授の真摯な恋愛ドラマは、2019年にテレビドラマ化も決まっており、ますます注目度があがってきている作品です。今回は、そんな『長閑の庭』のあらすじと魅力をご紹介します。

漫画『長閑の庭』の魅力をネタバレ紹介!ドラマ化決定!【あらすじ】

真面目だけど不器用な大学院生・朝比奈元子(あさひな もとこ)と、元子が通う大学院の教授・榊郁夫(さかき いくお)の歳の差恋愛を描いた漫画作品。元子は大学院1年生、榊は64歳。その年の差は40歳以上……歳の差恋愛の結末が気になります。

黒い服ばかりを着ているため、周りからはドイツ語で「黒」を意味する「シュバルツ」というあだ名を付けられている元子。そんな彼女が榊に好意を寄せるようになったのは、榊から「君の日本語は美しい」と褒められたことがきっかけでした。

歳が離れていることもあって、自分の気持ちがおかしいのかと悩むこともありますが、少しずつ、自分の気持ちを確かめていくことになります。

共に過ごすうちに、榊は元子の気持ちに気がつきます。歳の差のことを考え、元子の気持ちをけん制しますが、しだいに自分も恋愛のような気持ちを抱いていることに気が付いていくのです。

著者アキヤマ 香 出版日2014-10-10

それぞれが抱く「好き」は、恋愛なのか師弟愛なのか尊敬なのか……自分の気持ちを定義付けながら進んでいく流れからは目が離せません。

広告の後にも続きます

2019年6月にはNHKBSプレミアムで4週連続のテレビドラマがスタート。キャストには、元子を橋本愛、榊郁夫を田中泯を迎えており、橋本愛の凛とした雰囲気と、ダンサーである田中泯の静かな雰囲気がぴったりの配役です。

主演となる橋本愛は、元子を演じるにあたり、「教授への恋心を、枯れ専や歳の差カップルというカテゴリだけでは片づけられない真実の愛を丁寧に表現したい」とコメントしています。静かだけど情熱的な原作の雰囲気が、どんな風に映像になっているのかもチェックしてみてはいかがでしょうか。

作者・アキヤマ香とは

『長閑の庭』の作者は、アキヤマ香という漫画家です。本作の他に、『アスコーマーチ!』や『僕のおとうさん』、『片恋グルメ日記』などの作品を発表しています。特に『アスコーマーチ!』は、2011年にテレビドラマ化もされた人気作です。

著者アキヤマ 香 出版日2010-09-24

高校生や教師、大学院生など、立場は様々ですが、挫折やコンプレックスを抱いたキャラクターが、自分の居場所を見つけたり、自分の感情に悩んだり葛藤したりするところは各作品に共通しています。そんな繊細なところがとても魅力的に描かれているのが、アキヤマ香作品の特徴。

読者は時に辛い気持ちになりつつも、最後は切なくて暖かい気持ちになることができます。柔らかな印象の絵柄も、切ないけど温かい気持ちになれる理由の1つかもしれません。

繊細なヒューマンドラマを読みたい方は、ぜひチェックしてみてください。

漫画『長閑の庭』の魅力1: 本当の自分を出せない黒い服の女の子

出典:『長閑の庭』1巻
  • 1
  • 2

TOPICS