top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「祖父の訃報を受け取った冬の日、故郷に帰れなかった私。ふらりと入ったラーメン屋で出会ったのは…」(北海道・50代男性)

Jタウンネット

人に親切にするのは良いことだとわかってはいるが、どこまでが「親切」でどこからが「お節介」なのか、相手との距離感は非常に難しい。

北海道在住のDさん(50代男性)からJタウンネットに届いたのは、大学時代に出会ったあるラーメン屋の夫婦との思い出だ。

当時、長野に住んでいた彼は冬のある日、北海道の祖父の訃報を受け取る。

葬儀のために北海道へ帰ろうとしたが、急なことなので飛行機は満席。キャンセル待ちをしたがその日は結局、どこに向かうこともできなかった。

夜、空港は閉まり、野宿を覚悟したDさん。

広告の後にも続きます

そんなところに、ほどよい距離感でさりげなく手が差し伸べられ――心身ともに疲れていたDさんが救われたエピソードを、いっしょに見てみよう。

ラーメン屋の夫婦が何かを察した様子で…

30年前の冬のことです。私が長野の大学に通っていたころ、祖父の訃報があり、夜に羽田空港まで向かいました。

ところが、飛行機は満席。キャンセル待ちしましたが乗れず、空港も閉鎖され……途方に暮れ近くの街まで歩き、翌朝まで野宿しようとしました。

しかしあまりにも寒くお腹も減り、閉店間際のラーメン屋さんに入りました。

ご夫婦で営まれている店のようでした。彼らは私を見て何か察したのか、

「お兄さん、見ない顔だね。遅くにカバン持って」

と、声をかけてくれたのです。

「タクシー乗って帰るから、待ってて」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル