top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

芸能界一のJリーグ通も感心!常識を超えた京都の新スタジアムに潜入

テレビドガッチ


11月27日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)は、スタジアムの新しい楽しみ方を特集。2020年に完成した京都のサンガスタジアムと、パナソニックの画期的な取り組みを紹介する。

番組では、京都サンガF.C.のホームスタジアムでもあるサンガスタジアムを総力取材。外観は古都のスタジアムらしく、木材をふんだんに使った神社仏閣をイメージさせる作りになっているが、一歩中に足を踏み入れると、そこには常識にとらわれない様々な施設が備わっていた。カメラはスポーツクライミング用の壁やバスケットボールコート、ドローンサッカー場など、サッカー以外も楽しめるスタジアムの内部に潜入する。

また、スタジオでは年間500試合を観戦している芸能界随一のJリーグ通・平畠啓史をゲストに迎え、MCの勝村政信や解説の都並敏史らと新しいスタジアムついてトークを展開。Jリーグ57クラブのほぼ全てのスタジアムに足を運んでいるという平畠が、Jリーグウォッチャーの視点で日本のスタジアムの未来を語る。

さらに、“人材育成”と“イノベーション”をテーマに掲げるサンガスタジアムには、子どもたちの可能性を広げ、新たなモノづくりを支援する施設も。スタジアムの常識を超えた施設の数々に、出演者一同も驚きを隠せない。京都の亀岡駅から徒歩3分の場所に完成した、“人と人を繋ぎ、未来を創る”スタジアムの全貌が明らかになる。

そして、大手電機メーカー・パナソニックがサポーターの快適な試合観戦を実現するために行った取り組みにも着目。ガンバ大阪のホームゲームで行われたその取り組みは大成功を収めるが、実は同じようなアイデアを、かつて番組に出演したスペシャルアナリストの影山優佳(日向坂46)も提案していた。果たして事の真相は……?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル