top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

歌手デビュー40年…宮崎美子「『雨あがる』で学んだ『潔くありたい』の心」

女性自身

歌手デビュー40年…宮崎美子「『雨あがる』で学んだ『潔くありたい』の心」

「34年ぶりだった歌の録音は、自分の声が聞こえないほど緊張しました。今度、NHK『うたコン』の生放送で、みなさんの前で歌うのですが、もうドキドキ(笑)」

 

にこやかな笑顔がはじけるのは、女優で歌手の宮崎美子さん(62)だ。今年は歌手デビュー40周年。9月には過去の楽曲をデジタル・リマスター音源で収録した記念アルバム『スティル・メロウ ~40thアニバーサリー・アーカイブス』をリリース。デビューアルバムには、八神純子、松任谷由実、坂本龍一、吉田拓郎らが楽曲を提供していた。

 

「そうそうたるメンバーが携わってくださった曲が忘れ去られてしまうのは申し訳ない気がしていたんです。なのでCDを出せたのはとてもうれしくて」

広告の後にも続きます

 

34年ぶりの新曲『ビオラ』は、自ら作詞を手がけた。

 

「プロデューサーから、『ビオラ』というお題を与えられたんです。ビオラって、あまり目立たない、ちょっと地味だけれど、改めて見ると素敵だな、というイメージで。そこから膨らませて、控えめだけど、程よい距離間で寄り添ってくれる存在、そんな“さりげなさ”を歌う一曲になりました」

 

“心の機微”を歌うようになったのも、デビュー当時の自分からは想像できないことだと話す。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル