top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『進撃の巨人』好きにおすすめの漫画5選!

ホンシェルジュ

押しも押されぬ人気漫画『進撃の巨人』。その魅力はカッコイイ登場人物?魅力的なストーリー?謎めいた世界観?もちろん、そのすべてです。今回はそんな『進撃の巨人』と共通した要素のあるおすすめ漫画5作をご紹介しましょう。

人類の未来のため、志ある若き侍たちが命を賭ける!

近未来。他の遺伝子の長所を取り込んで進化する発展型成長遺伝子の研究が進み、人類の叡智はついに、不老不死に手が届くところまで発展していました。

ところがその実験で不備が生じ、未曾有のバイオハザードが発生。人類の想定を越えて急激に成長した「彼ら」――発展型遺伝子生命「シャヘル」は、わずか2年で南北アメリカを完全制圧してしまいます。

アメリカ壊滅で世界中の対応が後手に回るなか、唯一反撃を始めた国家がありました。軍を再編成した日本です。戦力の中心になったのは外骨格兵装を身に纏う対シャヘル機甲歩兵、通称「侍」。若き侍、塚原武道(つかはらたけみち)たちが、人類存亡の危機に挑みます!

著者戸土野 正内郎 出版日2006-08-10

本作は2005年から「月刊コミックブレイド」で連載されていた戸土野正内郎の作品。種の危機に瀕した人類を描くSF漫画です。

『進撃の巨人』は壁の内側で生活せざるを得ない人類が、外に向かってうって出る物語です。本作の設定も少し似ていますが、立場が逆。人類はアメリカこそ失いましたが、かろうじてシャヘルをアメリカ大陸に封じ込めることには成功しています。

広告の後にも続きます

しかし、それもかなり危ういバランス。シャヘルの尖兵を生み出す生態工場ともいえる「巣(ネスト)」がアメリカ大陸外に根付いてしまえばアウトです。群体の特性を持つシャヘルは、テレパシー能力をもち、1体の経験を全体で共有し、異常な速度で発達する危険な存在なのです。

それに対抗するのが「侍所」と呼ばれる日本の組織。主人公の塚原武道はそのなかのエリート部隊、特殊実験部隊に配属されます。部隊は1番から5番隊まであり、それぞれ装備テストの名目で男性のみ、女性のみの部隊などがあって個性豊か。隊員の色恋も見られ、このあたりは学園モノを思わせるでしょう。

謎めいた経歴の武道なのですが、戦いのなかで急成長していきます。1番隊の同僚にしてライバルの、九十九五六八との淡いロマンス、人類反抗作戦の要「K計画」などさまざまな要素を孕みながら、物語は進んでいきます。

アメリカに巣くうシャヘルとの戦いのゆくえ、そして強化外骨格の適性者である少年少女たちの運命やいかに……。

『イレブンソウル』については<『イレブンソウル』が面白い!侍魂を描くSF漫画は名言だらけだった!>の記事で紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

英雄と化して戦うミリタリー少女!

2013年、地球は人知れず脅威に晒されていました。宇宙から、宇宙怪獣「進化侵略体」がやってきたのです。

  • 1
  • 2

TOPICS