top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

結婚もできない。子どももできない。愛し合う二人の愛は可能か?飯塚花笑 監督『フタリノセカイ』予告&新たな劇中画像とメイキング画像も解禁!

cinefil

2022 年 1 月 14 日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショーとなります映画『フタリノセカイ』の 予告編が完成しました。

結婚もできない。子どももできない。愛し合う二人の愛は可能か?

本作は、トランスジェンダーとして葛藤する彼とその彼女(シスジェンダー)の 二人の 10 年間の軌跡を描いたラブストーリー。

©️2021フタリノセカイ製作委員会

出会った時から互いに惹かれあった、ユイとトランスジェンダーの真也。恋愛し、いずれ結婚して家族をつくり、共に人生を歩んでいきたいという願いをもつフタリがその願いを叶えるには、ひとつひとつクリアしなくてはならない現実があった。時にすれ違い、別々の道を歩むが再び出会ったフタリ。愛を確かめあい、ある決断をする。それはもしかすると常識を越えているのかもしれない。だが、安らぎに満ちたフタリには、確かに感じる未来があった…。

広告の後にも続きます

監督・脚本を務めたのは、飯塚花笑(かしょう)。自身もトランスジェンダーの彼は、 ぴあフィルムフェスティバル PFF アワード 2011 において自伝的作品『僕らの未来』で 審査員特別賞を受賞、国内外で高い評価を受けた。以降は、彼だからこそ描き出せる 世界観で映画制作を続けている。

ユイを演じるのは、今年 5 月に公開した映画『茜色に焼かれる』(石井裕也監督)で強い印象を残した片山友希。 ユイは、トランスジェンダーの彼に対し様々な葛藤に揺れつつも、一緒に生き、支えていくことを選択する。

また、真也を演じるのは、『弱虫ペダル』『スパイの妻』など話題の映画やドラマに出演し、確かな演技力で人気上昇 中の坂東龍汰。真也は、子どもの頃から違和感に感じていた自身の性に対し、向き合い、自分らしく生きていこうとしている。 そして、フタリの理解者・俊平を演じるのは、松永拓野(『沈黙-サイレンス-』など)。ユイと真也が作りたいと願う家族に欠かせない存在となる。

新たに公開された場面写真

©️2021フタリノセカイ製作委員会

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル