top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大御所も信頼を寄せる川田裕美アナ。コミュ力の秘訣は「メリハリ」

BOOKウォッチ

ゆるめる準備(朝日新聞出版)<amazonで購入>

 『情報ライブミヤネ屋』をはじめ、ワイドショーやバラエティなどさまざまな番組で活躍してきた川田裕美さん。なごませキャラだが、生放送で大御所相手に番組を進行していく安心感と堅実さ、抜群の現場対応力は、業界内でも高く評価されている。


 そんな川田さんが、ビジネス書を発売した。『ゆるめる準備――場にいい流れをつくる45のヒント』(朝日新聞出版)では、「また一緒に仕事がしたい」と言われるコミュニケーションのヒントを綴っている。


 周囲にいる人たちや視聴者をやわらかい気持ちにする川田さん。バラエティ番組で苦手なスキップに全力で挑戦する姿は見る人に癒しと元気を与えた。一方で、大御所にもものおじすることなくキレ良く番組を構築する姿は、一緒に仕事をした共演者や番組スタッフからの信頼を得ている。

 川田さんは、相手に信頼されるためには、「やわらかさ」と「キレのよさ」のバランスを軸としたコミュニケーションが要だという。川田さん自身、このバランスは、読売テレビ入社当初から、「どうしたら伝わるか」と思考錯誤しながら、「入念な準備」によって身につけてきたという。

「思ってもいないこと」は口にしない

 本書では、「きりっと!」「ゆるっと。」の2部構成で、「きちんと伝える」ために大切にしている心掛けと準備のコツを中心に紹介していく。

周囲のズームイン&アウトを繰り返して動く
“思ってもいないこと”は口にしない
判断は「いちばん大事なこと」から逆算する
役割をいったん脇において、自分らしい意思疎通を大事にする
大御所の胸を借りるときは「短くスパッと」
後輩を「叱らなきゃ」じゃなく「聞いてみよう」
“主役”を立てるときこそ、まわりを置き去りにしない

広告の後にも続きます

 仕事をしていると、取り繕うために「思ってもいないこと」をつい口にしてしまったり、自分の役割に固執して意思疎通がうまくできなかったり、「きちんと伝える」ことは意外と難しい。川田さんは、相手や状況に合わせて、「きりっと」「ゆるっと」を使い分けるのがコツだという。

 本書ではこれら、川田さんが培ってきた「メリハリ」コミュニケーションの流儀に、宮根誠司さん、加藤浩次さん、ブラックマヨネーズさん、佐藤栞里さんなど、仕事で出会った人々から受け取ったヒントも掲載されている。

 目次は以下の通り。

■Part1 きりっと!
Chapter1 見えない?空気”を感じとる
Chapter2 きちんと伝えられる人であるために
Chapter3 現場での吸収力を300%に
Chapter4 恥ずかしくても、苦手でも、やってみてナンボ!

■Part2 ゆるっと。
Chapter5 ストレスとはぼちぼちつきあう
Chapter6 まわりの人をちょっとアテにする
Chapter7 好きなことは「好き」と言う
Chapter8 自分を決めつけたらつまらない
Chapter9 人生は変わっていくからおもしろい

 しなやかで頼もしい川田さんの姿は、なりたいビジネスパーソンの姿そのものだ。積み重ねて得られるスキルもあるとは思うが、今すぐ取り入れられるテクニックもある。本書にはそんな、「また一緒に仕事がしたい」と言われるためのヒントが詰まっている。

■川田裕美さんプロフィール
1983年、大阪府出身。フリーアナウンサー。和歌山大学経済学部卒。2006年、読売テレビに入社。『情報ライブミヤネ屋』『マヨブラジオ』『大阪ほんわかテレビ』『ズームイン!!SUPER』『朝生ワイドす・またん!』など幅広いジャンルの番組に出演する。15年3月に読売テレビを退社し、フリーに転身、東京を拠点に活動をスタートする。『すもももももも!ピーチ★CAFE』(読売テレビ)、『大阪人の新常識OSAKA LOVER』(テレビ大阪)などの番組でレギュラーとして活躍するほか、ラジオパーソナリティなど活動の幅は広がりつづけている。著書に『あんことわたし――日日大あん吉日』(ぴあ)、『東京あんこ巡り』(KADOKAWA)がある。本書は初のビジネス書。

※画像提供:朝日新聞出版


書名:  ゆるめる準備 サブタイトル: 場にいい流れをつくる45のヒント 監修・編集・著者名: 川田 裕美 著 出版社名: 朝日新聞出版 出版年月日: 2021年11月19日 定価: 1540円(税込) 判型・ページ数: 四六判・248ページ ISBN: 9784023319516

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル