top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

家を買うとご希望なら猫が付いてきます。悲しい事情を知った夫妻、猫ごと家を購入する

カラパイア


image credit:janerypetbeds/Instagram

 2018年のある日、中古の住宅の購入を考えていた夫婦は、その家の持ち主で、売却を希望している高齢男性に家の中見回っていると、1匹の猫に出会った。男性は、「家を買うと猫もついてきますよ」と冗談ぽくほのめかした。

 夫妻は気になって、男性に詳しく話を聞いてみたところ、そこには悲しい事情があったようだ。もし夫妻が猫をいらなければ、施設に送られる予定だという。

 夫妻はこの家を購入することを決意した。もちろん猫も一緒にだ。

購入予定の家にいた猫のハイディ

 2018年のある日、中古の一軒家を購入希望だったジェーン・ピアソンズさんは、夫と共に、2人の希望に叶った家を発見し、内見に出かけた。

 その家は妻を亡くした高齢者男性(当時89歳)が所有しており、夫妻は男性に案内され家の中を見て回った。するとそこには1匹の猫が。

 猫はこの男性の飼い猫であることは明らかだった。だが男性は「家を買ったら、この猫もついてきますよ」と冗談ぽくほのめかした。

 詳しく事情を聴きたいと夫妻が尋ねたところ、男性は、ハイディと名付けられた猫にまつわる話を打ち明けた。
この投稿をInstagramで見る

Janery Pet Beds | Jane Pearson(@janerypetbeds)がシェアした投稿

亡き妻の忘れ形見の猫だった

 ハイディはもともと野良猫で、家に姿を現したのは、まだ子猫だった2010年頃だったという。男性の妻とすぐに絆を築き、とてもかわいがっていたという。

 しかし8年後、妻はアルツハイマー症を発症。猫の世話はおろか自分の世話もできなくなり、介護施設へ行くこととなる。

 男性は、毎日ハイディを連れて妻のいる介護施設を訪れたが、妻は間もなくして他界した。

 その8週間後、男性は妻と暮らしていた家を売却して、余生を過ごすための施設へ移ることになった。

 だが残念ながら、その施設ではペットを連れていくことは許可されていなかった。
この投稿をInstagramで見る

Janery Pet Beds | Jane Pearson(@janerypetbeds)がシェアした投稿

夫妻は家と一緒に猫を飼うことを決意

 男性は、ジェーンさんにこのように打ち明けた。
ハイディは、私の猫ではなく妻の猫といっていいほど妻にとても懐いていました。

私が行く施設ではペット不可なので連れていくことができません。そこで新しい飼い主を探したのですが見つかりませんでした。だから、ハイディは地元の動物保護施設に引き取ってもらう予定なんです。
 それを聞いたジェーンさんは、心を痛めた。
8年間この家でずっと暮らしてきた猫は、最愛の飼い主を喪って、今度は家も失うなんて気の毒すぎる。
 そこで、ジェーンさんは男性が言った「家を買うと猫もついてくる」という言葉を真剣に考え、そして決意した。

 夫に「ハイディを引き取りたい」と相談すると、夫は快く承諾してくれた。二人は家の購入を決め、ハイディを引き取る旨を男性に伝えた。

 そうして、ハイディはジェーンさん一家と一緒に暮らすことになった。
この投稿をInstagramで見る

Janery Pet Beds | Jane Pearson(@janerypetbeds)がシェアした投稿

時間をかけて心を開くようになったハイディ

 ジェーンさん一家は、その後購入した家に引っ越したが、最初見た時と同様、ハイディはポーチエリアに隠れており、一家とは明らかに距離を取っていた。

 それから数日間、ハイディは同じ場所に留まり続け、決して家族に近寄ろうとはしなかった。
この投稿をInstagramで見る

Janery Pet Beds | Jane Pearson(@janerypetbeds)がシェアした投稿

 一家は他にも犬と猫のペットを飼っていたため、ハイディがボウルの中のご飯をちゃんと食べているのかどうか、はっきりと確認することは難しかった。

 そこである日、ジェーンさんはゆっくりとハイディに近付き、体を持ち上げた。ハイディは、少し唸り声をあげたが噛みつくことはなかった。

 ジェーンさんは、時間をかけてハイディを安心させることにした。やがて、ハイディは少しずつジェーンさん夫妻に慣れ始め、ジェーンさんは自分たちの娘をいよいよハイディに紹介する時がきたと悟った。

 すると、まだ小さい夫妻の子供をハイディが特に問題なく受け入れたのを見て、夫妻はほっと安堵した。

 現在も、ハイディはゆっくりと一家との絆を育んでいるという。今は家族に慣れ、末っ子のベッドの端で眠り、日中もまったりと昼寝を楽しんでいるようだ。
この投稿をInstagramで見る

Janery Pet Beds | Jane Pearson(@janerypetbeds)がシェアした投稿

私たちのペットに馴染むことも、ハイディにとっては一苦労だったようですが、猫のアレサ(15歳)は、ハイディの存在を気にせず、互いに家の中の好きなスペースで寛いでいます。

犬のアンバーは、ハイディのベストフレンドになろうと、一生懸命です。そんなアンバーの努力が実った出来事がありました。

ある夜、2匹が一緒にソファを共有していたんです。互いに端と端に座っていたのですが、ハイディはアンバーがソファにそっと上っても飛び降りて逃げようとしなかったんです。

これは大きな進歩だと思いました。

私がデスクワークをしている時にも、ハイディは膝の上にのぼってきます。今、ハイディは家族の中で落ち着きを感じ始めています。ハイディを迎え入れて本当に良かったと心から思います。
この投稿をInstagramで見る
  • 1
  • 2