top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2021年出演者から見えた『紅白歌合戦』の限界…国民的ヒット曲の不在、紅白色分けの違和感

SmartFLASH

初登場の上白石萌音

 

 11月19日、『NHK紅白歌合戦』の出場アーティストが発表され、顔ぶれがある程度出そろった。

 

 紅組初出場はAwesome City Club、BiSH、上白石萌音、millenium parade×Belle(中村佳穂)、白組はKAT-TUN、Snow Man、DISH//、平井大、布袋寅泰、まふまふ。

広告の後にも続きます

 

 

 しかし、出場が噂されていたAdoやウマ娘、優里などは落選、Official髭男dismは辞退したこともあり、例年ほどの盛り上がりは見られない。そのため、SNSでは、出演アーティストに対する厳しい声が相次いだ。

 

《しかし例年以上に微妙な面子だな。Mステの方が圧倒的に豪華になりそう》

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル