top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なぜか…ロシアワールドカップで輝けなかった5人の名手。活躍を期待されたが… 最悪のパフォーマンスだった名GK、孤軍奮闘した世界最高の名手とは?

フットボールチャンネル

なぜか…ロシアワールドカップで輝けなかった5人の名手。活躍を期待されたが… 最悪のパフォーマンスだった名GK、孤軍奮闘した世界最高の名手とは?

世界最高の10番と言われたが…

 FIFAワールドカップにはこれまで数多くの選手が出場してきた。しかし、4年に1度の大舞台で輝きを放つことができる者はほんの一握り。世界の誰もが知る選手でさえ苦労を強いられてしまうことが珍しくない。今回は2018年に開催されたロシアワールドカップで、期待されながらも残念ながら活躍できなかった名手を5人紹介する。

—————————–

MF:メスト・エジル(元ドイツ代表/フェネルバフチェ)
生年月日:1988年10月15日
ロシアワールドカップ成績:2試合0得点0アシスト

 レアル・マドリードでアシストを量産し、名将ジョゼ・モウリーニョ監督から「世界最高の10番」と言われたメスト・エジルは、新たな皇帝としてユーロ(欧州選手権)2012に出場すると、5試合3アシストを記録。ドイツ代表は準決勝敗退となったが、、大会優秀選手の1人に選出され、クラブでもクリスティアーノ・ロナウドらと共にさらなる活躍が期待された。

 しかし、ジョゼ・モウリーニョ監督が退任するとともにレアル・マドリードを退団。アーセナルに移籍を決断した。プレミアリーグでもアシストを量産し、ブラジルW杯に出場したエジルは、傑出したチャンスメイク力でチームを牽引。本大会全7試合にスタメン出場し、ドイツ代表を優勝に導いた。

広告の後にも続きます

 その後も変わらぬ活躍でクラブと代表で活躍を続けたエジルは、2018年に行われたロシアW杯に出場。ブラジル大会に続き、ロシアW杯では連覇を期待された。しかし、結果はまさかのグループリーグ敗退。2試合にフル出場するもほとんど何も出来ずに終わったこの名手は、大会後に代表を引退した。

欧州予選で歴代最多得点を記録も…

FW:ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド代表/バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1988年8月21日
ロシアワールドカップ成績:3試合0得点0アシスト

 2011年、ユルゲン・クロップ監督率いるボルシア・ドルトムントで頭角したロベルト・レバンドフスキは、リーグ戦22得点14アシストの活躍でリーグ連覇に貢献。さらに、DFBポカール(国内カップ)ではバイエルン・ミュンヘンとの決勝戦で圧巻のハットトリックを決め、チームを国内2冠に導いた。

 ドルトムントで才能が開花したレバンドフスキは、11/12シーズン以降、ブンデスリーガで得点を量産。世界屈指のストライカーへ変貌を遂げると、2014年にはライバルのバイエルン・ミュンヘンに移籍した。ドイツ最強のクラブでも得点を量産し続けたこのFWは、2018FIFA W杯欧州予選で歴代最多の16得点を記録し、ポーランド代表を3大会ぶり8度目のW杯出場に導いている。

 国中の大きな期待を背負い、ロシアW杯に出場したレバンドフスキはグループリーグ全試合にフル出場した。しかし厳しいマークもあり、結果はまさかの無得点。第3節では日本代表に勝利するも、セネガル、コロンビアに敗れたポーランド代表はグループリーグ敗退となった。誰もが活躍を疑っていなかっただけに、このストライカーが何も出来ずに終わったことは衝撃だっただろう。

止めたシュートはわずか…

GK:ダビド・デ・ヘア(スペイン代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1990年11月7日
ロシアワールドカップ成績:4試合6失点

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル