top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

彼氏にも手伝ってほしい! 家事を教えるときのコツ3つ

fumumu

(Anetlanda/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

同棲中に彼氏に家事を手伝ってもらいたい、と感じる女性は多いようです。

fumumu取材班は、家事を教えるときに意識したいポイントを聞いてみました。


(1)家事の楽しさを伝える

同棲を始めたことから、彼氏に変わってもらおうと実践したことは…。

「私と彼は、結婚を視野に入れて同棲生活をスタートさせました。


彼は仕事一筋で、家のことは女に任せるというタイプだったのですが、このご時世、私も働かなくてはなりません。なので、家事を教えています。


広告の後にも続きます

例えば掃除。用具をそろえて私がやって見せることで、キレイにすることの楽しさを教えるんです。最初は聞く耳を持ちませんでしたが、ようやく理解してきました」(20代・女性)


関連記事:同棲をはじめてから彼の世話ばかり…家政婦になってしまう原因は?

(2)褒めて感謝して伸ばす

子どもに教えるかのように、褒めて伸ばすのが大事なんだとか。あとは、感謝の気持ちを伝えることも忘れずに。

「彼が不器用で家事がうまくできなくても、決して怒らず、指摘しないことが大切だと思います。


そして少しでもできたら、大げさなほど褒めて教えました。そうすることで、へそを曲げずにまた手伝ってくれるからです。


あと『ありがとう』と『とっても助かる』は、何度も何度も意識して伝えました。いかに次につなげるか…を考えて、教えるのが大事だと思います」(30代・女性)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル