top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『聖闘士星矢』ファン必見のスピンオフ!『聖闘士星矢セインティア翔』が面白い!

ホンシェルジュ

車田正美の名作漫画『聖闘士星矢』といえば、聖衣(クロス)と呼ばれる鎧を纏って戦う少年たち、聖闘士(セイント)の戦いを描いた作品。しかし、本作で戦うのは、なんと少女たちなのです。

2018年12月からANIMAX on PlayStation(R)でのアニメ化も決定した聖闘少女(セインティア)たちの熱い戦いの見所を、全巻ご紹介します。ネタバレを含むのでご注意ください。

『聖闘士星矢セインティア翔』1巻の見所をネタバレ紹介!【アニメ化決定!】

 

この世に悪がはびこる時、必ず現れるとされる戦士、聖闘士(セイント)。女神アテナを守るために戦う彼らは、星座を主語に持ち、聖衣(クロス)と呼ばれる鎧を身に着けていました。階級は、聖衣の種別に応じて3段階に分けられています。

聖闘士は主に少年がなるものですが、女性でもなれないわけではありません。その場合、女を捨てることを求められ、常に仮面をかぶるこが義務付けられます。

女性聖闘士にとって顔を見られることは、裸を見られることより屈辱的なこと。素顔を見られた場合は、愛するか、殺すか。この2つの条件が課せられるのでした。

女神アテナの生まれ変わりの少女である城戸沙織が、「射手座の黄金聖衣」をかけたトーナメント戦「銀河戦争」を開催する少し前のこと。流星学園中学に通う翔子は、離れ離れになってしまった姉・響子を探していました。

広告の後にも続きます

果たして、なぜ響子は突然姿を消したのでしょうか。それには、翔子のある秘密が関係していて……。

 

著者久織 ちまき 出版日2013-12-06

 

本作は、車田正美の描く『聖闘士星矢』のスピンオフ作品です。作者である久織ちまきは、自身が「頭の固いファン」というほどの作品ファン。世界観や設定を損なわないよう、徹底的に原作に忠実な物語であるため、原作ファンも少し違った視点で楽しめます。

多くのファンが気になっている女性聖闘士と聖闘少女の違い。それは、聖闘少女たちはアテナの身の回りの世話役が主な職務のため、仮面の装着を義務付けられていないことです。

独特な設定が多い作品ですが、本作で初めて『聖闘士星矢』の世界に触れる読者であっても、わかりやすく、物語にのめり込めるように工夫されています。

  • 1
  • 2

TOPICS