top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「女子高生に殺されたい」!? ある高校教師の夢を描いた危険な作品!

ホンシェルジュ

東山春人、34歳。高校教師として普通に生活する彼の夢は……女子高生に殺されること!? しかも、できれば自分の想像を絶する苦しみを味わいながら。

そんなきわめて特殊な性癖を持つ彼の、危険でおぞましい計画にまつわる一部始終を描いた作品が『女子高生に殺されたい』。一見何の変哲もない日常のなかにありながら、主要登場人物達が何らかの衝撃的な秘密を抱えているというサスペンス色の強い作品となっています。

今回はそんな本作の魅力を、全巻分ご紹介しましょう。スマホアプリからは無料で読めるので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

『女子高生に殺されたい』が面白い!無料で読める!【あらすじ】

 

高校で教鞭を取る34歳の男性教師・東山春人(ひがしやま はると)。彼は、とある夢の実現のために臨床心理士になることをやめ、教員免許を取得したのでした。

その夢とは、なんと……女子高生に殺される事だったのです。

 

著者古屋 兎丸 出版日2015-02-09

 

広告の後にも続きます

きわめて歪んだ性的嗜好を満たすため、彼が殺される事を選んだのは、自身が勤める高校に通う女子高生・佐々木真帆(ささき まほ)でした。

自らの欲求を満たして死ぬことを望んだ春人の恐ろしい計画が、今始まります。

 

作者・古屋兎丸とは?

ここで、作者である古屋兎丸(ふるや うさまる)についてご紹介しましょう。彼は美大出身の漫画家で、元々は油絵を主に描いていました。

漫画家への転身後、1994年「月刊漫画ガロ」にて『Palepoli』にてデビュー。そして、初の週刊連載作品『Π(パイ)』開始後にフリーの漫画家となって以降、多くの作品を世に生み出しています。

著者古屋 兎丸 出版日

『帝一の國』など実写映画化作品をはじめとして多種多様なジャンルの作品を描いていますが、傾向としては、ブラックで猟奇的な作風の漫画が多いといえるでしょう。

著者古屋 兎丸 出版日2011-03-04
  • 1
  • 2

TOPICS