top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

さくらももこのおすすめエッセイ!沈んだ気持ちを吹き飛ばすおもしろい6冊

ホンシェルジュ

『ちびまる子ちゃん』作者・さくらももこのエッセイを読んで心を明るくしませんか?最近ついてない、子育てや人間関係に疲れた、という方にこそ読んで欲しいエッセイです。疲れた心を癒していただけるような作品を6冊お届けします!

国民的アニメの作者でありながら、エッセイストも人気のさくらももこ

さくらももこは1965年5月8日、静岡県清水市出身の漫画家です。大人気ヒット作である『ちびまる子ちゃん』は自身の小学校時代を元に描かれており、エッセイにも色濃く書き綴られています。初期エッセイ集3部作の『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』はミリオンセラーになる大ヒットで、子供のみならず大人の読者の心も掴んだきっかけとなりました。

さくらももこのエッセイには、表紙、さし絵と彼女のイラストが描かれてあり漫画のファンの方でも手に取りたくなる可愛らしいものばかりです。エッセイの出版は数十冊ありますが、昔を振り返るものから、日常を切り取ったもの、旅の珍道中のものと独創的な切り口で読者の心を掴みます。

独特な世界観で描かれたギャグマンガ『コジコジ』について紹介した<漫画「コジコジ」キャラの名言&神回まとめ!面白さの理由を考察!>の記事もおすすめです。

さくらももこのエッセイ代表作、ベストセラー『もものかんづめ』

1991年3月に出版された、さくらももこ初のエッセイ。ただただ笑いたい時にお薦めです!自虐ともとれる内容であったり、共感できる所であったり、なんだか人生に疲れたと感じた時に何も考えず読みふけることができる作品です!

著者さくら ももこ 出版日2001-03-16

「イヤだけど命にはかかわりない病気界」の3本柱のひとつ、水虫に侵された、女子高生時代の作者が家族の冷徹な視線に耐え、友達にも隠し、遂には姉にもうつってしまう…そんなお話を面白おかしく書きあげた短編集10話を収録してあります。

短大時代、OL時代など漫画家になる前の話などから、アニメ『ちびまる子ちゃん』で主人公・さくらももこのおじいさんである、友蔵はアニメでも愛されているキャラクターのひとりですが、原作との違いなどが描かれており、エッセイを初めて読む人にも入りやすい内容です。

エッセイ本第1号で大ベストセラーとなったこの作品。さくらももこの人柄を感じられる面白い一冊です。

「まる子」の時代にリンクする『あのころ』

1996年7月に出版されたもので、てきやに騙され買わされたおもちゃの話や家庭訪問の思い出など、『ちびまる子ちゃん』の世界が味わえる幼少期の頃の話が15話収録してあります。

夏休み、ラスト3日で作者の宿題を家族総出で間に合うよう頑張る……まるちゃんの夏休みって本当にこうだったんだ!とまるで漫画の裏話を見ているかのようで得した気分になれるかもしれません。

 

著者さくら ももこ 出版日2004-03-19

広告の後にも続きます

皆さんにもある「あのころ」、さくらももこの「あのころ」が一味違っていて面白おかしくなってしまうのは、作者の視点が素敵だからなのかもしれませんね!日々の出来事肩の力を抜いてだらしなく、おもしろく、でもどこか郷愁を誘うようなしみじみとした優しさがあります。

大人から子供まで楽しめる内容で、面白さの中に懐かしさも併せ持つ素敵な本です。難しいことはない、まさに「ちびまる子ちゃん」とリンクする、さくらももこ王道の一冊です。

イラストに心踊る!『憧れのまほうつかい』

1998年11月に出版された作品で、ある絵本との出会いからエッセイが始まります。作者が高校2年生の時に出会った素晴らしい本「おどる12人のおひめさま‐グリム童話」。一目でその本に恋をしてしまった……とその当時を振り返っています。その本の絵を描いていたのは「エロール・ル・カイン」という絵本作家でした。

 

著者さくら ももこ 出版日

しかし憧れていた「エロール・ル・カイン」の死を知り、彼に想いを馳せてイギリスを巡る旅に出ることになりました。旅の内容は、死を悼むことばかりではなく面白い旅の珍道中も描かれ、暗く沈んだ話ではなく気持ちが上がるお話が収録されています。さくらももこの「憧れのまほうつかい」への想いが伝わってきます。

作者のイラストに加え、カインのイラストも載っていて素晴らしい一冊となっており、心が躍るようなイラストと旅を一緒にできるような素敵で面白い本です。

破天荒で独創的なさくらももこを覗き見!『さくら日和』

1999年7月に出版され、さくらももこファンの中では賛否が分かれる作品。14話の短編と付録、おまけがついたラインナップです!

「おめでとう新福さん」では新福さんをただただ褒めたたえる会を開くことしたさくらももこ。脚本まで作り本気のイタズラが炸裂します。その場に立ち会いたかったなと思わような楽しい雰囲気が伝わってきます。

著者さくら ももこ 出版日

また作者のやんちゃな息子の話や、息子にさくらももこであることを知られそうになる話など、作家ならではの苦労話も面白おかしく綴っています。また作者の広い交友関係から生まれた面白い話などもあり、漫画のまるちゃんのイメージが強い方にはびっくりされる内容かもしれません。しかしももこ節は変わらず、面白いので吹き出し笑いに注意です!

作者の幼少時代のエッセイに共感していた読者には、大人になったさくらももこの生活に違和感を感じる方もいるかもしれませんが独創的な発想の元、生活している作者の楽しそうな日常は面白いですよ。ぜひご覧ください!

頑張ることに疲れたら『さくらめーる』

2003年11月に出版された1冊です。まだ旧式の携帯電話が盛んだった頃、i-mode サイト「@さくらももこ」という人気コーナーで、作者が読者の質問や悩みに答えた内容がまとめられていますを

真剣な悩みからゆるゆるとした悩みまで、さくらももこならではの視点で独創的かつ温かさがにじみ出た回答が読めます。恋や子育てに悩む読者には作者ならではの視点で真剣に、そしてゆるゆると答えています。

著者さくら ももこ 出版日
  • 1
  • 2

TOPICS