top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三浦綾子の作品おすすめランキングベスト7!物事の本質を深く考えたい方へ

ホンシェルジュ

三浦綾子は北海道旭川市生まれの作家です。結核闘病中の1952年に洗礼を受け、敬虔なクリスチャンとして創作活動に専念しました。人間が生きる事の意味を信仰に基づく視点で描きながらも、女性ならではの柔らかさで私達に問いかける作品が数多くあります。

三浦綾子とは

三浦綾子は1922年生まれ、北海道旭川市出身の小説家です。

創作活動を開始したのは1961年で、1966年に出版した『氷点』は大ベストセラーになり映画化、ドラマ化、海外でも映像化されるなど大変な人気を博しました。

その後も『塩狩峠』などキリスト教に影響を受けた著作を数多く発表。1999年に、多臓器不全で77歳の生涯を終えました。

7位:戦国の世を生きた絶世の美女ガラシャ

ガラシャには神の恵みという意味があります。細川ガラシャは、細川忠興の妻、玉子の洗礼名です。誰もが息を吞むほどの美しさを持った玉子。そんな玉子が目に見えないものに真実を見出し、救いを求めたのがキリスト教でした。

著者三浦 綾子 出版日1986-03-27

このストーリーの軸となっているのは、玉子の父明智光秀や玉子の嫁ぎ先の細川家の男たちが、君主信長の気まぐれに振り回されながらも、各国の武将たちと手を組んだり敵対したりして何とか「家」を守り抜こうとして生きていく姿です。この時代は、「家」を守ることが最大の使命でした。時には人の命さえも「家」の重みには叶わない時代だったのです。そんな時代であっても、何とか義理や道理を貫こうと男たちはもがき、苦しみます。

そしてもう一つの軸になるのが、玉子や玉子をめぐる登場人物たちの心の描写です。政治の犠牲になって殺されていく武将の妻や子供たちに心を痛める玉子がキリスト教に救いを求めていく心の様子。幼いころから玉子を思い続けてきた光秀の家臣の初之助の強い想い。兄嫁の玉子を想い続けた忠興の弟興元の切ない気持ちや決意。彼らの心の様子が生き生きとした会話や描写で綴られていきます。

この二つの軸が絡み合うことによって、このストーリーは深みが増していくのです。玉子が命を落とすシーンでは、「家」のために死を選ばなくてはならない玉子の静かな決意や侍女たちの悲しみ、家臣たちの無念な思いなどいろんな感情が行間から溢れてくるようです。

広告の後にも続きます

愛と信仰を貫いた細川ガラシャの生涯、ぜひご覧ください。

6位・人間らしく生きるとは……

「じっちゃーん! 山津波だあ-っ! 早く山さ逃げれ-っ!」

(『泥流地帯』より引用)

1926(大正15)年5月24日、十勝岳が噴火を起こし、残雪を溶かし25分あまりで山麓の富良野原野まで泥流が到達し、多くの犠牲者を出す大災害となりました。

ところは北海道。物語は山麓に住む開拓農民たちの貧しくも力強く生きる姿を軸に描かれています。

兄、石村拓一、弟、耕作は幼い時に父を亡くし、母も遠方に出稼ぎ、祖父母や姉妹とともに貧しいながら懸命に生きています。

  • 1
  • 2

TOPICS