top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

障がい者YouTuberが告白 介護業界への恩返しで投じた1200万円が「詐欺被害」に

yutura

障がい者YouTuber「かしわせチャンネル」(登録者数10万人)が、介護業界への“恩返し”のために制作していたアプリケーションの開発費用を詐欺でだまし取られていたことを公表。
これまでに投資した額も含めた損害額は1200万円にのぼるとしており、視聴者からは怒りの声が上がっています。

900万円支払ったのち音信不通に

かしわせチャンネルを運営する柏瀬真大(かしわせまさひろ)は今月25日、YouTubeチャンネルにて公開した動画の中で、アプリケーション開発を依頼していたエンジニアに、開発費900万円が「詐欺」被害にあったことを明らかにしました。

詐欺の経緯について柏瀬は、当初300万円を予定していたはずの開発費用が900万円にまで膨れ上がった挙句、支払いを終えた直後からエンジニアとの連絡がほとんど取れなくなったと説明。
その後エンジニアと音信不通になり、「これは詐欺だというのがやっとその時分かりまして…」と話しました。

柏瀬は2年前に交通事故で脊髄を損傷、現在は車いす生活をしており、YouTubeでは「かしわせチャンネル」として障がい者とその家族のルーティン動画などを公開。
お世話になっている介護業界への恩返しをしたいとの思いから、年商6億円の会社を作り上げた起業家としての手腕を生かして介護業界で再度企業、介護ヘルパーと業界をつなぐマッチングサービス「Helpers」の展開を公言していました。

関連記事
結婚して3週間で夫が脊髄損傷…。その夫婦の壮絶なルーティン動画が話題急上昇中

被害総額は1200万円とも

広告の後にも続きます

動画内での発言によれば、詐欺被害について相談した弁護士からは「お金を取り戻すのは難しい」との見解が示されているとのこと。
ネット上では同じエンジニアから詐欺被害に遭ったという人物も見つかっており、現在はその被害者と共に警察に相談し、捜査の進展を待っていると話しています。

エンジニアに支払っていた開発費の他にも、開発スタッフに支払った人件費なども含めると、今回の詐欺による被害総額は1200万円にのぼるとしています。
なお巨額の損失を出したアプリ開発の今後については、動画内では明らかにされていません。

詐欺のことが「頭の中をぐるぐる」

詐欺が発覚してからは、「眠れない日が続いて、目を閉じるとその事が頭の中をぐるぐる回ったりして」「(テレビで)詐欺という言葉が出るたびに胸がギュッとなるくらい精神的に追い詰められる」と、多大な精神的ダメージを負ったことも明らかにした柏瀬。
今回の詐欺被害の責任はすべて自分にあるとしており、「やりきれないというか、本当に悔しくて、自分が情けないです」と、自分を責めるような発言も繰り返しています。

動画を見た視聴者からは「様々な方々の善意を踏みにじるやり口で、本当に許せない……」「聞いてるだけで辛いです」「そのエンジニアという人に憤りしかありません」といった怒りの声が相次いで寄せられています。
またこうした声の他にも、「何か力になれることはありませんか?応援しています」と、窮地に立たされたYouTuberへの助力を申し出る視聴者の姿も見られました。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル