top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鈴木奈穂子「ダメだもう…」朝ドラ『カムカムエヴリバディ』衝撃結末に泣き崩れ

Quick Timez

画像:時事

太平洋戦争が終わり、それぞれが前を向き始めた朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の朝ドラ受けを放送した25日の「あさイチ」(NHK総合)。

すると、朝ドラの衝撃展開からのスタートにMC鈴木奈穂子アナウンサーらも言葉を失うことに。

鈴木奈穂子、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』衝撃結末に思わず号泣

25日、この日も恒例の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の朝ドラ受けから始まった「あさイチ」(NHK総合)。

しかし、衝撃的な終わり方にMC鈴木奈穂子アナウンサーと博多華丸さんらが思わず言葉を失ってしまうという展開に。

広告の後にも続きます

「カムカムエヴリバディ」から放送が切り替わり、「おはようございます」という博多大吉さんのあいさつで始まった同番組。

直後華丸さんは「ああ…」と声を震わせ、鈴木アナは「ダメだもう…」と目を真っ赤に。

2人の様子に「いやちょっと、驚きましたね」と大吉さんが付け加え、「ただの夢なのかなと思ったら」と朝ドラに対しての感想を漏らしました。

その原因となった「カムカムエヴリバディ」19話は戦争が終結し、菓子問屋を再開させた安子(上白石萌音さん)の父・金太(甲本雅裕さん)が息子の算太(濱田岳さん)と再会を果たすというもの。

半ば勘当で送り出したものの、戦地から戻らない算太を案じる金太。

おはぎを盗んでいった少年に「じゃあから賭けをしたんじゃ」、「あのガキが帰ってきたら算太も帰ってくる。帰ってこなんだら、算太も帰ってこん」と息子の面影を重ねたのでした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル