top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中央学院大vs慶應義塾大

高校野球ドットコム

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

中央学院大が悲願の初優勝!慶應義塾大を逆転で下す

歓喜の瞬間

 関東五連盟第一代表の中央学院大が東京六大学野球連盟代表の慶應義塾大との大激戦を制して、初の日本一に輝いた。

 序盤は慶應義塾大のペースで試合が進む。1回表、無死一塁から2番・萩尾 匡也(3年=文徳)がバスターからの右越え2点本塁打で先制点を挙げると、2回表には二死二、三塁から、またしても萩尾がセンター前に落とす2点適時打を放ち、リードを4点に広げた。

 劣勢に立たされた中央学院大だが、2試合で13得点の打線が中盤になって力を発揮する。4回裏に先頭の2番・武田 登生(4年=中央学院)がライトフェンス直撃の三塁打で出塁すると、続く3番・佐藤 晃一(4年=聖光学院)もレフトフェンス直撃の適時打を放ち、1点を返す。さらにその後、二死満塁となり、8番・仲俣 慎之輔(2年=岩倉)が押し出しの四球を選び、2点差に迫った。

 5回表に暴投で1点を失うが、その裏に一死一塁から佐藤が甘く入ったストレートを逃さず、レフトに2ラン本塁打を放ち、1点差に詰め寄った。

広告の後にも続きます

 慶應義塾大は6回裏から準決勝で先発した生井 惇己(3年=慶應義塾)が登板。しかし、前日に90球を投げた疲労からなのか制球が定まらず、連続四球もあり、一死満塁と中央学院大は一打逆転のチャンスを作る。ここで打席に立つのは主将の武田。「みんなが繋いで回してくれたので、何としても自分が還して逆転させたいと思っていた」と1ストライクから外角高めに浮いたスライダーを捉え、打球は前進守備のレフトの頭上を越える長打となる。これが走者一掃の3点適時二塁打となり、中央学院大が逆転に成功した。

 相手の流れを食い止めたい慶應義塾大はここでエースの森田 晃介(4年=慶應義塾)が今大会初めてマウンドに上がる。しかし、明らかに本調子ではなく、6球連続ボールで降板。本来の力を出せないまま大学野球最後のマウンドを降りることになった。

 中央学院大はその後、一死満塁とチャンスを広げ、5番・度会 基輝(4年=拓大紅陵)の中前2点適時打で2点を追加。優勝に向けて大きな追加点を奪った。

 4点リードの7回表から中央学院大はリリーフエースの山﨑凪(4年=千葉英和)を満を持して送り込む。だが、諦めない慶應義塾大はここから反撃を見せる。山﨑の代わり端に対して5番・廣瀬 隆太(2年=慶應義塾)がバックスクリーンへのソロ本塁打を放つと、無死一、三塁から8番・朝日 晴人(3年=彦根東)の左犠飛でさらに1点を返した。

 慶應義塾大は8回表にも二死一、二塁から6番・橋本典之(4年=出雲)がライトへの適時二塁打を放ち、1点差。なおも二、三塁と一打逆転のチャンスで主将の7番・福井 章吾(4年=大阪桐蔭)を打席に迎える。しかし、ここは山﨑が渾身のストレートで空振り三振に打ち取り、何とかリードを保った。

 試合は中央学院大の1点リードで9回表に突入。中央学院大は連打で無死一、二塁のピンチを招くが、「裏もあるので、同点はOKくらいで思っていた」と捕手の佐藤は冷静だった。1番・渡部 遼人(4年=桐光学園)をセンターフライに打ち取ると、続く萩尾は惜しくも併殺にはならなかったものの、ピッチャーゴロで二死一、三塁とする。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル