top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「シャフリヤールの切れ味炸裂」

アサ芸プラス

 今年の東京開催の最終週を飾るジャパンカップ。第41回目を迎えるが、ひと昔前のジャパンCとは隔世の感がある。第1回から第3回まで招待(外国)馬が制し、その3回目に日本馬が初めて2着に入り、健闘ぶりが称えられた。

 勝ったスタネーラ(愛国)にアタマ差まで迫ったのはキョウエイプロミスで、限界を超える激走がたたり、これで競走生命を絶たれることになった。

 この際、騎手時代に長期のフランス滞在経験もある“ミスター競馬”こと、故・野平祐二調教師は「これが(外国馬との)彼我の差だ」と、目に見えない欧米馬の地力に触れ、まだ壁が高いことを言い表した。

 しかし翌年(84年)、カツラギエースがまんまと逃げ切り勝ちを演じ、これにシンボリルドルフ(85年)が続いて、外国馬神話は崩れかかる。が、第6回から再び招待馬が6年連続で優勝をさらい、その牙城に迫るのは容易ではないと思わせた。

 それがどうだ。今、外国勢は見る影もない。05年のアルカセットを最後に優勝はなく、しかも連対馬さえ出ないありさまだ。3週前に行われたブリーダーズカップでのラヴズオンリーユーとマルシュロレーヌの快挙を見るまでもなく、それだけ日本馬の質が向上したからにほかならないが、それだけではない。

広告の後にも続きます

 凱旋門賞のあと、欧州の一線級はひと息入るのが常で、ジャパンCの前後には前述したブリーダーズカップと香港国際競走がある。極東の日本への遠征は、外国勢は二の足を踏まざるをえず、賞金、レースの期日を含め、ジャパンCを見直す時期にきているようだ。

 前置きが長くなったが、今年の顔ぶれを見てみよう。なんといっても、三冠馬のコントレイルが主役だろう。春の大阪杯は道悪に泣いたが、それ以来7カ月ぶりの実戦となった前走の天皇賞・秋で2着。ここに照準を合わせ、まずは万全の出走態勢を敷いている。

 他にも、今年のダービー馬シャフリヤール、オークス馬ユーバーレーベン、京都大賞典を勝ち、復活なったマカヒキなど、国内GI勝ち馬が5頭出走してくる、まさに国際レースにふさわしい豪華版だ。

 外国招待馬は3頭出走予定で、いずれもGI勝ちの勲章を持っているが、昨今の日本馬の力量を思うと、厳しいローテーションで戦ってきたこともあり、見劣りするのは否めない。

 データ的には比較的順当に収まる傾向にある。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル