top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

あの不条理ギャグバトル漫画が「ふわり」と帰ってきた?!

ホンシェルジュ

マスコットと呼ばれるペットのような生物が存在する世界で、中学生の少女ビュティに飼われている、マスコットの首領パッチ。この首領パッチを中心にくり広げられる、マスコットと飼い主たちの日常を描いています。

『ふわり!どんぱっち』が面白い!不条理ほのぼのギャグ漫画の面白さを全巻ネタバレ紹介!

 

未確認生物のマスコットと呼ばれる、ペットのような生き物がいる世界。主人公でマスコットの首領パッチは、飼い主である少女ビュティのもとで自由奔放にふわりとハジけた日常を送っていました。

本作は、『ボボボーボ・ボーボボ』のキャラクターたちが違う世界で過ごす日常を描いた公式スピンオフ作品となっています。原作に比べるとツッコミのキレが柔和で「ふわり」としていますが、コロコロと話が変わるテンポの良さや、くだらないのに考えさせられる世界観などは、変わらない面白さがあります。

争いのない世界で、原作キャラたちが平和にのんびり過ごしている姿が魅力的な本作について、ネタバレも含め紹介していきます。

 

著者澤井 啓夫 出版日2012-11-02

見所:原作キャラたちにまた会える!

広告の後にも続きます

本作の最大の魅力は、やはり原作キャラの、原作とは違う一面が見られるところ。違う一面と言っても、原作にある不条理ギャグはそのままに、それが平和な現代の日常という形で再度出ています。

原作ファンからすれば、まるっきり違うスピンオフというのもありですが、こういった原作の良さを引き継いでいてくれる作品というのも嬉しいものです。

キャラクターの性格も、平和な世に合わせて柔和されていますが、基本的には原作のとおり。首領パッチは、はちゃめちゃにハジけ、ビュティは首領パッチの行いにツッコミ、ヘッポコ丸は相変わらずビュティが好き……。

ただ、破天荒に関しては、原作とは少々違った性格をしているようです。破天荒は原作では首領パッチを慕い、首領パッチ率いる「ハジケ組」の一員でしたが、『ふわり!どんぱっち』では、首領パッチとの距離の詰め方に困っているよう。

マスコット専門のエステティシャンをやっているところを見ると、首領パッチを原作どおり好きになる要素はありそうですし、首領パッチと2人きりで話すシーンもあるので、時間が経てば原作ほどとはいかなくても、普通に好きになるかもしれません。

『ふわり!どんぱっち』では、原作とは違う様子を見せた破天荒。しかし、本作の続編的立ち位置となる『ほんのり!どんぱっち』では、このふわりの破天荒は消え、原作の破天荒が登場するように。

  • 1
  • 2

TOPICS