top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

滋賀県の酒造メーカーと7軒のホテルがタイアップしたオリジナルワインが販売開始に

ワイン王国

滋賀県の酒造メーカーとホテルのタイアップで誕生!『2020浅柄野(あさがらの)Minori』

「琵琶湖ホテル」「クサツエストピアホテル」「彦根キャッスルリゾート&スパ」「びわ湖大津プリンスホテル」「ホテルニューオウミ」「ホテルボストンプラザ草津」「ロテルド比叡」の7つのホテルは「太田酒造㈱ 栗東ワイナリー」と共同開発したオリジナルワイン『2020浅柄野 Minori』を2021年11月1日より1000本(赤ワイン600本、白ワイン400本)限定で販売した。

滋賀県の魅力を発信。2008年にスタート

この企画は、滋賀県内および比叡山の近隣に位置する7軒のホテルが、滋賀県の魅力を発信することを目的として2008年にスタートし、今年で13回目を迎えた。
滋賀県の土地で育ったブドウで造ったワインを、その地域のホテルで提供されるさまざまな料理とともに楽しむことで、滋賀の食の豊かさに触れるきっかけにしてほしいという。
ワインは、ブドウ栽培に適した土壌作りに取り組み、数々のワインを世に送り出してきた「栗東ワイナリー」で生産。自社農園で育てたブドウから造られたワインを、各ホテルのソムリエが集まり、お客の嗜好や料理に合うようブレンドを重ねたオリジナルのワインだ。

[ 関連記事を読む – 日本 ]

『2020浅柄野“Minori”』概要

『2020 浅柄野 Minori Rouge』(あさがらの みのり ルージュ)
『2020 浅柄野 Minori Blanc』(あさがらの みのり ブラン)
※販売本数に達し次第終了
【製造本数】 赤ワイン 600 本、 白ワイン 400 本(各ホテルにて販売)
【販売価格】 ボトル(750ml) ¥6000  ※レストランでの価格。消費税・サービス料込み
       ※一部ホテルの売店でも販売。
【問い合わせ】 ご購入・レストランの予約等に関しては、各ホテルへ問合せを。

赤ワインは、2020年産のヤマソーヴィニヨンを樽熟成させた原酒を80%、マスカット・べーリーAを樽熟成させたものを20%の比率でブレンド
白ワインは、2020年産の新木のセミヨンを 30%、古木のセミヨンをを30%、レッドミルレンニュームを 20%、シャルドネを20%ブレンド。
赤、白ともに滋賀県産栗東ワイナリーで収穫されたものを使用している。

太田酒造㈱ 栗東ワイナリー

広告の後にも続きます

【所在地】 滋賀県栗東市荒張字浅柄野1507-1
【電話】 077-558-1406(栗東ワイナリー直通)

近江湖南アルプスの麓に広がるなだらかな丘陵地に位置するワイナリー。琵琶湖をわたる涼やかな風と山の地形がヨーロッパの自然に似ているともいわれる。
ブドウ栽培に最適な土壌作りを目指し、現在では除草剤を使わず、有機肥料を使用して欧州系品種のブドウを栽培している。

販売ホテル概要

<琵琶湖ホテル>
【所在地】 滋賀県大津市浜町2-40 
【客室数】 175 室
【アクセス】 JR大津駅よりシャトルバス運行。所要時間約 5 分
【電話】 077-524-1225(レストラン予約)

<クサツエストピアホテル>
【所在地】 滋賀県草津市西大路町4-32 
【客室数】 73 室
【アクセス】JR草津駅より徒歩約3分
【電話】 077-566-3333(レストラン予約)

<彦根キャッスルリゾート&スパ>
【所在地】 滋賀県彦根市佐和町1-8 
【客室数】 52 室
【アクセス】 JR彦根駅よりシャトルバス運行。所要時間約 5 分
【電話】 0749-21-2001(代表)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル