top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「男しかイケない」少年がついた、小さな嘘。その結末は――。

BOOKウォッチ

僕は失くした恋しか歌えない(新潮社)<amazonで購入>

 「親ガチャ大当たり! 友達はイケてるセレブばかり。なのに、どうしてこんなにつらいんだろう」――。

 本書『僕は失くした恋しか歌えない』(新潮社・11月30日発売)は、「オープンリーゲイ」として創作を続ける現代歌人協会賞受賞作家・小佐野彈(おさの だん)さんの自伝的青春小説。

 グループ企業の御曹司、幼稚舎から慶應、大学卒業後は台湾で起業、「オープンリーゲイ」の歌人として新人賞を総なめ……と、ドラマのような人生を送ってきた著者。

 本書では、恋に恋する「僕」が出会いと別れを経て大人になっていく過程を、短歌をまじえて綴っている。

 「性愛の対象が同性であることに気づいたのは、中学生のころだった。きっと、あの時分から、僕は恋に恋をしていたのだと思う」

二元論が苦手

 「ダン君はさ、俺に恋をしてるんじゃない。恋に恋してるんだよ」――。5年前の夏、一番好きだったひとからそう言われ、僕はフラれた。

広告の後にも続きます

 自分がおしゃべりで落ち着きがないぶん、物静かな「雰囲気イケメン」が好きなのだが、当時の彼氏はそんなタイプだった。

 擁(いだ)きあうときあなたから匂い立つ雌雄それぞれわたしのものだ

 僕は子供のころから「二元論が苦手」。女と男、右翼と左翼、保守と革新、善と悪……。あらゆる二元論が「僕たちの生きる世界を息苦しくしている」と感じていた。

 「たったひとりの肉体や精神のなかに、女がいて、男がいる。善があって、悪がある。誰もかれもが、こころのなかに、もやもやとしたグラデーションを抱えて生きている。とはいえ、『矛盾』を引き受けながら生きることは、実はけっこう勇気がいる」

どうしても歌でしか言えない

 僕は中学生のころに歌を詠みはじめた。歌は「日常のため息」のようなもので、のめりこむほどではなかったが、その彼氏と付き合うようになって変化があった。

 「どうしても歌が必要になったのだ。彼と会うたびに。あるいは彼のことを思うたびに、心の奥底でマグマのように滾(たぎ)りはじめる激しい感情は、どうしても歌でしか言えない、と思った」

 毎日スマホのメモに31文字を打ち、ひと月に300首以上うまれたことも。そして今では歌誌の同人になり、歌を発表するようになった。


著者の小佐野彈さん(画像提供:新潮社)

普通の恋を、しなくては

 「性愛の対象が同性」と気づいた中学生の僕は、BL小説やBLマンガをむさぼり読み、そこで繰り広げられる甘酸っぱい恋模様に魅了された。

 しかし、同級生の話題は恋のことばかり。ファンタジーの世界に閉じこもっていられるほど、甘くなかった。「ダンって、女に興味なさそうだよね」「ひょっとしてホモなんじゃない?」……との声が耳に入ってきた。

 「やばい、やばい。僕も女の子に恋をしなくては。普通の恋を、しなくては。だけどどうしたらいいんだろう。(中略)『普通の恋』へのプレッシャーが、日々強まってゆく」

僕のついた「小さな嘘」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル