top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

国際宇宙ステーションのロシア新結合モジュール「プリチャル」打ち上げ成功

おたくま経済新聞

 2021年11月24日(現地時間)、国際宇宙ステーションのロシア側区画で使用される新しい結合モジュール「プリチャル」が、カザフスタンのバイコヌール宇宙センターより打ち上げられました。

 プリチャルは2021年7月に打ち上げられたロシアの新しい科学実験モジュール「ナウカ」に接続し、最大5カ所のドッキングポートを増設します。

【元の記事はこちら】

 結合モジュール「プリチャル(ロシア語で「誕生」の意)」は、2021年7月に20年におよぶ長期の任務を終え、分離された接続モジュール「ピアース(ロシア語で「埠頭」の意)」に代わるもの。

 現在ピアースが接続されていたドッキングポートには、2021年7月下旬に打ち上げられたロシアの科学実験モジュール「ナウカ(ロシア語で「科学」の意)」が接続されており、プリチャルはナウカの下部に接続し、ソユーズ宇宙船やプログレス補給船のドッキングポートを提供します。

広告の後にも続きます


 プリチャルは、ソユーズ宇宙船の軌道船(最大径2.6m)よりも少々大きな直径3.3mの球形で、重量は4650kg。全部で6つのドッキングポートを備えており、燃料補給用のパイプラインや電源供給ユニット、ソユーズ宇宙船やプログレス補給船がドッキングする際に使用する監視カメラなどのシステムが装備されています。


 輸送する宇宙船は、プログレス補給船のバリエーションモデルであるプログレスM-UM。通常ならば燃料タンクや与圧トランクに2600kg程度の貨物が搭載可能ですが、プリチャルが大きく重いため推進ユニットと飛行管制システムのほか、食料など消耗品700kgのシンプルな構成(宇宙船の総重量8180kg)となっています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル