top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ゴヤの「ウェリントン公爵」盗難事件。これは、イギリス中を巻き込んだ嘘のような感動の実話『ゴヤの名画と優しい泥棒』予告編&ポスタービジュアル&場面写真一挙解禁!

cinefil

また、予告の最後には、「怖い絵」の著書・美術評論家の中野京子さんより、「アガサ・クリスティーのミステリーばりに、アッと驚くサプライズまで用意されているので、お楽しみに!」というコメントが添えられ、映画ファンだけではなく、ミステリーファン、絵画ファンも見逃せない一作に仕上がっている。

©PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

さらに、本ポスター&場面写真も一挙解禁!ポスターには「公爵さん、お借りします」というキャッチコピーが添えられ、寄り添う夫婦の横には、主人公のケンプトン・バントンによって盗まれた「ウェリントン公爵」が置かれている。場面写真では、キッチンで仲睦まじく手を取り合う夫婦の姿や、息子(フィオン・ホワイトヘッド)と共に、街頭で TV の受信料無料を訴えるケンプトン・バントンの 姿などに加えて、それぞれのキャラクター写真が解禁となった。

©PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

『ゴヤの名画と優しい泥棒』予告編

【ストーリー】

広告の後にも続きます

1961年。197 年の歴史を誇る世界屈指の美術館・ロンドン・ナショナル・ギャラリーから、ゴヤの名画「ウェリントン公爵」が盗まれた。ロンドン警視庁はその巧妙な手口から、国際的なギャング集団による周到な計画による犯行だと断定。しかし、この前代未聞の事件の犯人はケンプトン・バントン、60 歳。長年連れ添った妻と優しい息子とニューカッスルの小さなアパートで年金暮らしをするごく普通のタクシー運転手だった。孤独な高齢者が、TV に社会との繋がりを求めていた時代。彼ら の生活を少しでも楽にしようと、盗んだ絵画の身代金で公共放送(BBC)の受信料を肩代わりしようと企てたのだ。しかし、 事件にはもうひとつの隠された真相が・・。当時、イギリス中の人々を巻き込んだケンプトン・バントンの“優しい嘘”とはー!?

©PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

監督:ロジャー・ミッシェル
出演:ジム・ブロードベント、ヘレン・ミレン、フィオン・ホワイトヘッド、アンナ・マックスウェル・マーティン、マシュー・グード
後援:ブリティッシュ・カウンシル
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
2020 年/イギリス/英語/95 分/シネマスコープ/5.1ch/原題:THE DUKE /日本語字幕:松浦美奈
©PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

2022 年 2 月 25 日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開!

映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』オフィシャルサイト

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル