top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『銀魂』坂田銀時の意外な14の魅力!モデルや身長、正体、ヒロインの考察も

ホンシェルジュ

坂田銀時(さかたぎんとき)とは、空知英秋作画の漫画『銀魂』の絶対的な主人公です。銀色の天然パーマがトレードマークで、常にダメ人間っぷりを発揮しているジャンプ漫画の主人公とは思えない人物。でも、なぜかみんなに愛され、やる時はやる頼もしい銀さん。

今回は、そんな銀さんの意外な魅力を14に分けて紹介していきます。

漫画『銀魂』絶対の主人公・坂田銀時!モデル、身長、アニメの声優、実写俳優は?

 

身長 177㎝
 体重 65㎏
 年齢 20代後半(非公開)
 誕生日 10月10日
 アニメ声優 杉田 智和
 実写俳優 小栗旬
 

周囲からは「銀さん」「銀ちゃん」「旦那」「万事屋」など、様々な愛称で呼ばれています。「~ですかコノヤロー」といっただるそうな喋り口調が常であり、人に頼み事をする際には「300円あげるから」と少額の金額で釣ろうとする傾向があります。

1巻の初登場時は食べていたパフェを天人にこぼされ、見事な飛び蹴りで圧倒しますが、その佇まいはかなりだるそうなものでした。

モデルとなった人物は金太郎こと坂田金時であり、43巻の「金魂篇」では銀さんに扮して周囲を洗脳させていたカラクリの坂田金時が登場しています。

ちなみに銀さんは、毎週欠かさず楽しみにしているほどのジャンプの愛読者です。フィギュア化した際にはジャンプだけでなく、番外編である「3年Z組銀八先生」で持っていたよい子の国語を抱えています。

広告の後にも続きます

小栗旬が出演した作品を見たい方は、こちらの記事もおすすめです。

小栗旬を一人の演劇人として解剖。実写化出演した映画、テレビドラマを一括紹介!

 

著者空知 英秋 出版日2004-04-02

糖尿病を苦にもしない甘党ならでは?料理センスがすごい…

著者空知 英秋 出版日2008-02-04

銀さんは、甘い物を定期的に摂取しないとイライラが増してしまう重度の甘党です。普段からいちご牛乳や、白米に小豆を大量に載せた通称「宇治銀時丼」を好んで食べており、その食生活のひどさから、医者には糖尿病の一歩手前と言われ続けています。

万事屋は3人が交代で料理をしていますが、卵かけご飯しか作れない神楽、人並みに料理ができる新八に比べ、銀さんは大雑把に見えて意外と器用に何でもこなす人であり、料理の腕もなかなかです。1巻では新八の家で巨大ホールケーキを作っており、短時間でかなりクオリティの高いものを作り上げています。

また、回転寿司屋でマダオこと長谷川の手伝いをする22巻では、銀さんの作ったかっぱ巻きはなぜか全てパフェに変わるという、いくら甘党でも考えられないミラクルを起こしました。甘い物が絡むと料理までぶっ飛んでしまう銀さん。読んでいて爆笑は避けられません。

  • 1
  • 2

TOPICS