top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

漫画『アロエッテの歌』の魅力を全巻ネタバレ紹介!人間を描き切った名作!

ホンシェルジュ

時代を超えて愛されるV・ユゴーの名作『レ・ミゼラブル』をもとに描かれた漫画『アロエッテの歌』。貧しさのなかに希望を見出して生きる人々が描かれます。

V・ユゴー『レ・ミゼラブル』をアレンジした名作『アロエッテの歌』を全巻ネタバレ紹介!

 

『アロエッテの歌』の舞台は19世紀のフランス。時代に翻弄され、苦しみながらも歯を食いしばって生きる人々を生々しく表した不朽の名作『レ・ミゼラブル』がもとになっています。

鬼気迫るタッチで描かれる、終わることのない苦しみ、悩み、そしてそのなかで輝く一筋の光が、読者の心を激しく揺さぶるのです。

この記事では、そんな本作の魅力を全巻分ご紹介していきます。ネタバレを含むのでご注意ください。
 

 

著者犬木 加奈子 出版日

悲劇の始まり【1巻ネタバレ注意】

出典:『アロエッテの歌』1巻

広告の後にも続きます

 

舞台は19世紀フランス。若くて美しいファンティーヌは、まだ幼い娘のコゼートと貧しい暮らしをしていました。父親はいません。

地元の町へ出稼ぎに向かう途中、とある家の前をとおります。庭では娘と同じ年くらいのかわいい少女が、幸せそうに遊んでいるのです。何も知らないコゼートは、すぐに彼女たちと仲良くなり、一緒に遊び始めました。

その幸せそうな姿を見て、ファンティーヌはこの家のテナルディエ夫妻に娘を預けられないか、頼み込みます。子どもを連れて出稼ぎに行っても雇ってもらえないかもしれず、苦渋の決断でした。

法外な値段をふっかけられますが、半年間という約束でコゼートを預け、ファンティーヌは娘の幸せを願ってその場を去るのです。

しかしその願いも虚しく、この日からコゼートを待ち受けていたのは、犬猫以下に扱われる地獄のような日々だったのでした。

  • 1
  • 2

TOPICS