top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

非開示部分を黒塗りから“白塗り”で公約実現…小池都政に「舐めすぎ」と大ブーイング

女性自身

非開示部分を黒塗りから“白塗り”で公約実現…小池都政に「舐めすぎ」と大ブーイング

昨年、IR(統合型リゾート)関連文書などがほぼ「黒塗り」状態で情報開示されたとして批判を浴びた東京都。しかし、その「黒塗り」がいつの間にか「白塗り」に変更されていたことがわかった。

 

これは11月23日に「しんぶん赤旗」が報じたもの。記事によれば、江東市民連合の事務局長が6月に開示請求し、都とカジノ業者の面談記録が白塗りにされていたことで判明。都では今年1月に情報公開に関する要綱が改定されたとし、非開示部分を「白塗り」にできると定められていたというのだ。

 

都の生活文化局は同紙の取材に対して、「白塗り」を採用した理由を「視認性の向上」と説明。「白塗り枠付き」または「黒塗り」のどちらを選ぶかは、各局・庁に任せていると説明したという。

広告の後にも続きます

 

一方で小池百合子都知事(69)に向けた説明文書では、非開示情報は「白塗り」を優先とし、「白塗り枠付きの対応が簡便にできるソフトの開発」などをメーカーに要望する方針が記されていたという。

 

IR関連文書は発言内容など肝心な箇所がほぼ「黒塗り」だったことから、“のり弁”とも称された。だが、“目で見た時の確認のしやすさ”を優先し色を変えただけの方策に、SNS上では「ふざけている」といった声が噴出している。

 

《どこが隠蔽された部分なのか一目で分かり難くなった》

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル