top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

田中圭、4年ぶりの森本光は「わかりやすく迷子になっている」

テレビドガッチ


田中圭が、11月25日に放送される米倉涼子主演の医療ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第7話にゲスト出演する。第1シリーズ、第5シリーズに続き、4年ぶりの出演となる田中から、このほどコメントが到着した。

第7シリーズとなる今回は、100年に1度のパンデミックの中、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」では内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が舵を取り、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭。外科分院長・蛭間重勝(西田敏行)の率いる外科は別棟の分院に追いやられていた。そんな中、患者を救うために一切の妥協を許さずに突き進む孤高のフリーランス外科医・大門未知子(米倉)がニュージーランドから帰国。内科と真っ向から対立していく様子が描かれる。

田中は、第1シリーズ(2012年)で新米外科医・森本光を好演。失敗しない外科医・大門未知子に憧れ、外科修行のためアメリカへ旅立つほどの熱意を見せた森本だが、未知子には腕も自信も到底及ばず、5年後の第5シリーズ(2017年)でもポンコツぶりをたびたび発揮。そんな中でも一生懸命頑張る森本は、愛すべきキャラクターとして『ドクターX』ファンからも根強い支持を得てきた。

ところが今作では、自らの動画配信がバズり、多大な影響力を持つ“医療系インフルエンサー”として開花!「東帝大学病院」のブランディング強化を目論む蜂須賀と手を組み、精力的な広報活動を展開する一方、未知子に対しても「これからの医者の武器はメスじゃない。影響力だ」と大口を叩く場面も登場する。

<田中圭 コメント>
僕は一回の失敗で学べるタイプじゃなく、同じ失敗をちょっとずつ何回も繰り返しながら、だんだん濃度が薄くなっていくタイプ。失敗するたびに後悔もするし、失敗しないことにはめちゃくちゃ憧れます。だから、失敗しない大門未知子は僕にとっても憧れの存在なんですよ。そんな大門先生のそばにいられる森本は、愛着があるキャラクター。まさかまた戻ってこられるとは思っていなかったので、素直にすごくうれしいです。

『ドクターX』の現場は4年ぶりですけど、初日から皆さんが温かく迎え入れてくださったので、本当に以前と変わらず和気あいあいとした空気感の中、撮影に参加させていただいてます。米倉(涼子)さんも全然お変わりなく、きれいで力強くて、「この人は何なんだろう!? すげぇな~」と思いました。大好きな姉さんなので、またご一緒できてうれしかったです。

そんな中、僕が演じる森本は以前とはちょっと変わりました! 影響力を手に入れて、わかりやすく迷子になっているというか、ちょっと調子に乗っているというか……(笑)。僕自身もいろいろ迷った末に、今回は“ちょっとイタくなってる森本像”を作りました。視聴者の皆さんにも、今までとはちょっと毛色の違う森本と、相変わらずのポンコツぶりを楽しんでいただけたらなって思います。

ちなみに、僕もこの10年で年を取りましたし、さすがに失敗も徐々に減ってきたかな、と(笑)。10年前と比べたら“成功できる力”も身につけているはずなので、これからは失敗を恐れるよりも、「成功させたい!」という思いで何事にも前向きにトライしたい。『ドクターX』にもあともう1回くらいは呼んでいただけたら、うれしいです。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル