top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

漫画『ドラゴンボール』のタオパイパイの石柱投げ移動を考察!柱に乗って空を飛ぶ!?

ホンシェルジュ

彼は本作に登場する凄腕の殺し屋です。漢字では「桃白白」と書きます。素っ頓狂な行動とは裏腹の残酷非道な振る舞いと、確かな実力が魅力。主人公・孫悟空を初めて倒したこの強敵について、簡単なプロフィールからその強さ、行動の検証や名言までご紹介したいと思います。

漫画『ドラゴンボール』のタオパイパイとは?

 

彼の敵対組織、レッドリボン軍に雇われた殺し屋です。初登場も含めてどのシーンでも茶目っ気を見せますが、世界最高峰の天才的暗殺者で実力は本物。初期の物語を大いに盛り上げました。

 

著者鳥山 明 出版日2003-02-04

 

外見は中国民族服に弁髪という武闘家風。性格は冷酷そのもの。名前はギャップの面白さを狙って、あえて殺し屋とはかけ離れた響きで考えられたそうです。

広告の後にも続きます

こう見えて年齢291歳の高齢者だったりします。そして意外な人物と、意外な繋がりがあって……。

 

タオパイパイはレッドリボン軍最強の殺し屋!

 

彼の肩書きは世界一の殺し屋です。本来はフリーですが、孫悟空に手こずったレッドリボン軍が、悟空への対抗策として超高額で雇い入れました。

1つの依頼につき1億ゼニーという法外な依頼料に見合った実力者で、当時の悟空達を苦しめていたブルー将軍をなんと舌の一撃で倒して見せました。

後述する悟空との対決、柱投げのインパクトも相まって凄まじく、達人のイメージを読者に与えたのです。

  • 1
  • 2

TOPICS