top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人外漫画おすすめ9選!可愛いヒロインたちに癒される

ホンシェルジュ

人ならざる者との交流は、昔話や童話の中で古くから語られてきた物語です。漫画でも人外の存在する作品は多く、ファンタジーからSF、日常系までジャンルは様々。中でもヒロインの可愛さが話題の作品をご紹介します。

世界観が美しい!孤独な少女と魔法使いの異類婚姻ファンタジー

人が人ならざる者に見初められ、異界に連れ去られて妻になるという異類婚姻譚は世界中に語り継がれています。日本では押し掛け女房的な昔話が残っていますが、人外の者と婚姻を結ぶというのは、人間にとっては身近にある感覚なのかもしれません。

『魔法使いの嫁』は、まさしく異類婚姻譚、にこれからなる物語です。主人公、羽鳥智世は人には見えないものが見える特異体質の持ち主。それ故に親類縁者から疎まれて育ちました。15になったある日、イギリスのオークションに自分自身を出品することになります。

著者ヤマザキコレ 出版日2014-04-10

智世を落札したのは、エリアス・エインズワーズ。頭部は動物のガイコツという見た目の魔法使いでした。智世は魔力の生産と吸収に長けた「夜の愛仔(スレイ・ベガ)」という存在。希少価値が高く、魔術師にとって利用価値があります。エリアスは智世を将来の「嫁」と定めたことで、2人の奇妙な同居生活が始まるのでした。

タイトルから「嫁」というワードがあるため、恋愛ものだと思われがちな本作ですが、どちらかといえば、人間としての成長や、魔法使いを取り巻く独特な世界観を描く現代ファンタジーという色が強く出ています。エリアスも智世の潜在能力を高く評価している面もあり、智世は「弟子兼妻」の弟子寄りの立ち位置にいます。

とはいえ恋愛展開が無いわけではありません。孤独に生きてきた智世が心動かされる何かに触れる時、必ずそこにはエリアスの存在があります。恋愛という枠組みを超えた繋がりが両者にはできつつあり、魔法使いや「夜の愛仔」を巡る抗争が物語を盛り上げるのです。

智世は常に孤独で、それ故に人の好意に疎い面があります。少しずつ明るく前向きになっていく智世の姿にほっこり。舞台となる英国は、現代でも数多くの妖精伝説が残るファンタジーの本場です。美しい情景とともに、人外の存在と少女の絆をお楽しみください。

『魔法使いの嫁』については<『魔法使いの嫁』を13巻まで全巻ネタバレ紹介!人外恋愛漫画に胸キュン!>で詳しく解説しています。

人とはちょっと違うのです?亜人女子がかわいすぎる!

特異体質というのにほのかな憧れを持っている人は多いのではないでしょうか。それが特に生活に影響するものでも、なんかちょっとカッコイイ、と羨望のまなざしを向けてしまいます。『亜人ちゃん(デミちゃん)は語りたい』は、そんな人とは少し違った特異体質を持つ存在「亜人(デミ)」の少女たちが登場する物語。

著者ペトス 出版日2015-03-06

高校で生物教師をしている高橋鉄男は、おとぎ話や伝説のモチーフとなり、妖なるものとして迫害された過去を持つ「亜人」に興味津々。大学時代から独自に研究を続けてきました。そんな時、鉄男の務める学校に「亜人」が入学。鉄男と亜人たちの学校での日常が始まります。

ヒロインである亜人ちゃんたちは、亜人であるが故に不便や悩みを抱えています。例えば雪女の少女、日下部雪は暑さに弱く、汗や涙といった体液が氷になるという特異体質の持ち主。あまり汗をかかないせいか、お風呂の湯船に氷の欠片を見つけた時、他者に能力の矛先が向いてしまうのでは、と恐れ、他人との交流を避けてきました。

鉄男は伝承や雪自身から状況や心理状態を細かく聞き出し、分析。なぜ湯船に氷があったのか、という謎を解き明かします。こんな風に、鉄男は教師として亜人ちゃんたちを支える存在になり、彼女たちも鉄男に心を開き、頼りにしていくのです。

明るく、おしゃべり好きなヴァンパイアの小鳥遊ひかり、世界に3人しか確認されていない、頭部と胴体が離れているデュラハンの少女、町京子。気弱に見えてツッコミ役の雪女の雪に、教師の佐藤早紀絵は奥手なサキュバス(夢魔・淫魔)と、登場する亜人たちは個性的。悩みながらも日常生活を謳歌する亜人ちゃんたちがかわいい、学園コメディーです。

少女と人ならざる者の温かくも悲しい寓話

広告の後にも続きます

人外の者が住む場所と言えば、深い森の中。人の寄り付かない場所にひっそりと息をひそめています。子どもたちは森に近づいてはいけない、けして見つかってはいけないと繰り返し教えられますが、自分の意志で、または誰かの意志で、森の中の誰かに出会うことになるのです。

『とつくにの少女』は、幼い少女と人外の者との日々の暮らしを描いた物語。全体的に画面が黒く、ダークな雰囲気が漂っていますが、少女が命の危機にさらされるとか、実は食料として生かされている、といった展開はありません。少女と人外の者は、穏やかな時の流れの中で生きています。

著者ながべ 出版日2016-03-10

シーヴァは白い服を着た幼い少女。真っ黒い服を着て頭から角を生やした先生と一緒に暮らしています。2人が暮らしているのは「外つ国」。人が触れると呪いが移るという、他人ならざる異形の者が住んでいます。人間は外つ国に少しずつ蝕まれている「内つ国」に住み、国の外へ出ることはありません。

自分を育ててくれたおばあさんの迎えを待ちながら、「せんせ」と呼んでいる先生と暮らすシーヴァ。外つ国の者に触れて異形となった先生は、元は人間で、シーヴァの育ての親であるおばあさんが戻ってこないことを知っています。話すべきか、話さざるべきか。先生の葛藤とともに日々は過ぎていきます。

幼い少女、シーヴァと異形の存在「せんせ」との同居生活がメインですが、シーヴァが天使かというくらい純粋で健気。それ故に真実を知っている先生の葛藤が真に迫ります。外つ国の謎や、人が消えた村の様子など、薄暗い景色の中に謎が散りばめられ、穏やかな日常との対比が、強く読者に印象付けられます。

薄暗い森の中で繰り広げられる、幼い少女と人外の者の寓話。真実を知った少女がどうなるのか。また、世界はどうなっていくのか。暗闇を見据え、そっと見守っていたくなる1冊です。

『とつくにの少女』については<漫画『とつくにの少女』ダークなテンションにハマる。7巻までネタバレ紹介!>の記事で紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

世界の支配者は菌類!?摩訶不思議な新婚生活の行方は

地球は人間をはじめとした動物だけではなく、様々な生命が活動しています。中でも菌類は人間の食卓には欠かせない存在。パンも味噌も醤油もお酒も、何らかの菌の助けを得て作成されているのです。

ケンタウロス女子高生の日常を描いた『セントールの悩み』で注目を集めた村山慶が、新たに紡ぎだした人外の物語『きのこ人間の結婚』の主人公は、なんと菌類。菌類が人間として生活していたら、どんな生活を営むのだろうかという想像を突き詰めた物語となりました。

著者村山 慶 出版日2014-11-29

本作の舞台は、動く菌類であるきのこ人間が治めている世界。動く菌類の一種である「牛」を飼って森の中で生活している牧人であるアリアラと、文字の知識を占有することで政治、文化に強い影響力を持っている「書記」のエリエラは新婚カップル。別の種族同士の結婚ということもあってか穏やかな生活とはいかず、次々に騒動へ巻き込まれることに。

アリアラとエリエラを中心に、きのこ人間の国を治める「王族」や、すらりとした体型で武芸を得意とする「衛兵」、この世界に住まうはずのない動物を使う「動物使い」と、独特な役割を持った種族が登場。茸をはじめとする菌類がモチーフになったキャラクターが、独特の世界を彩ります。

大きな特徴は、菌類なだけに性差が無いところ。一見すればアリアラもエリエラも女の子に見えますし、他のキャラクターも体格差はあっても女性的な外見をしていますが、男女の区別もありません。社会生活はもちろん、生殖や恋愛感情といった部分も細かく設定が作られており、きのこ人間とはいったいどういう存在なのか、その謎の生態に引き込まれていきます。

村山慶は、大学生時代に分子生物学を専攻していたこともあり、専門知識は豊富。細かいところまで作り込まれた不思議なきのこ人間の住む世界を堪能してください。

異星人女子が地球の食事に目覚めるグルメ漫画!

グルメ漫画のブームは続き、様々なシチュエーションや設定の作品が登場しています。生き物全てが食事をするものですが、グルメ漫画に登場するのはほぼ10割が人間。そんな中、人外の存在が登場する、一風変わったグルメ漫画が登場しました。

『クミカのミカク』は、異星人が違和感なく世間に溶け込んでいる世界が舞台です。クミカは、デザイン会社に勤めている異星人。いや、異星人だって食事するじゃん、と思った方は正しいですが、クミカは少々違うのです。彼女の基本的な食料は、空気中に存在する水分、花粉や微生物。息を意図的に吸い込むことで、栄養を摂取することが可能なのです。

著者小野中彰大 出版日2016-01-13
  • 1
  • 2

TOPICS