top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鈴木ジュリエッタおすすめ漫画ベスト4!アニメ化『神様はじめました』作者

ホンシェルジュ

若い男性の風貌をしていても、とてつもない悪魔の威圧感を放つビュート。つい正直に呼び出した理由を言ってしまうとビュートは当然怒り出し、マユリに迫ります。恐怖に震えるマユリでしたが、ビュートは突然「甘い匂いがする」と落ち着きを取り戻しました。

実は甘いものが大好きな彼。マユリの得意スイーツを食べてすっかりご機嫌になります。染み抜きまでやってくれ、なんとなくあたたかい気持ちになったマユリは「また会いたい」と……それを受け入れたビュートとの、不思議な関係が始まりました。

強くて怖い悪魔が甘いものに弱く、願い事の対価がお菓子、というのがなんとも可愛い設定ですね。マユリの作ったお菓子に目を輝かせるビュートが可愛らしいです。

そして家族は遠く離れ、友達もいないマユリの寂しさを埋めたのは悪魔であるビュートだったのです。当然マユリのなかには特別な想いが生まれますが、一方のビュートはマユリのことが好きなのか単にお菓子が好きなのかというのがよくわからず、ちょっとやきもきしてしまうところも面白い!

個性的な2人のキャラが本当に楽しませてくれます。さらに鈴木ジュリエッタ特有のファンタジーに対するセンスも光り、衣装や背景なども個性的でワクワクさせてくれる作品。ファンタジー好きにオススメの作品です!

3位:鈴木ジュリエッタの短編集!ファンタジーが詰め込まれた至高の作品たち

広告の後にも続きます

 

作者のデビュー作であり表題となっている「星になる日」を含み、彼女の漫画家としての初期時代の作品が詰め込まれた短編集です。全6話が収録されています。

そのなかでもオススメなのは、やはり「星になる日」。闇の世界の領主である吸血鬼のドラクロアが主人公です。

星になる日 (花とゆめCOMICS)
著者鈴木 ジュリエッタ 出版日2012-01-20

 

闇の世界の頂点に立って長い年月を生きているため、日々暇を持て余しているドラクロア。500年に1度しかない流星群ですら見飽きていると、興味を示しません。

そんなある日、何気なく空を飛んでいたドラクロアは森の奥でとある少女を見つけます。ミナと名乗る盲目のその少女は、飢饉のため故郷から追い出されて彷徨っていたのでした。

いたぶり殺せば暇つぶしくらいにはなるか、と思ったドラクロアでしたが、ミナはそれを素直に受け入れようとします。これに対してドラクロアは「死にたがっている人間を殺してもつまらない。生きたいと思わせてやる」と魔女の元へ連れて行き、ミナの視力を回復させました。

そしてミナを連れ、あの流星群を見に行きます。もちろん初めて見る景色に感動したミナでしたが、それよりも自分に優しくしてくれ、手を差し出してくれたドラクロアに対して、人生で初めて「幸せ」を感じます。しかし、視力を取り戻したミナはその代償として余命を削られていて……。

物語のクライマックスでミナが言う言葉がすごく感動的です。その情景と表情、言葉に思わず涙してしまうほど……。そしてそれを聞いたドラクロアのその後がまた切なく、美しい結末を描きます。

基本は鈴木ジュリエッタの真骨頂であるファンタジー作品ばかり。明るいお話もあれば切ないお話もあり、泣いて笑える短編集です。

また、後の連載作品となる『悪魔とドルチェ』や『神様はじめました』に引き継がれたと見られる設定やテーマが含まれた作品もあり、作者のファンにはたまらない一冊となっています。

2位:完璧なアンドロイドが「感情」を学ぶ

 

主人公は人間ではなく、なんとアンドロイド。ロボット科学者である吉沢ヒロアキの最高傑作、吉沢オデットというアンドロイドが高校生活を送るお話です。元々は読み切り作品でしたが、これが好評だったため連載化となりました。

オデットは、ぱっと見無表情な美少女。見た目ではアンドロイドとわかりませんが、人間について学ぶため高校に通い始めます。

カラクリオデット 第1巻 (花とゆめCOMICS)
著者鈴木 ジュリエッタ 出版日2006-06-19

 

最高傑作のアンドロイドなだけあり頭脳も運動神経も抜群によく、人間らしい仕草も完璧。しかし、喜怒哀楽という人間なら当然持ち合わせている「感情」だけがどうしても理解できないでいます。

そんなアンドロイドと人間の「違い」を知るため、高校生活を送るオデット。友人ができたり一目ぼれされたり……多くの人と関わっていくうちに、いろいろな感情を得ていくのです。

そしてオデットは恋もします。相手は不良として有名な朝生という男の子。愛情表現が激しいオデットをめんどくさそうに避けますが、恋をする彼女も可愛い!

友人や恋愛相手を含む楽しい学校生活。そこにオデットの生みの親、ヒロアキをライバル視するもう1人のロボット科学者が登場し、彼女の破壊をもくろむアンドロイドまで出てきて日常はドタバタに!オデットは、また彼女の恋はどうなるのか……。

とにかく純粋なオデット。感情というのは理屈で説明できるものではなく、ましてやプログラミングで解決できるものでもありません。それにも関わらず、そんな不思議な「感情」を徐々に理解していくオデットの姿には心が動かされます。

個性的なキャラクターが続々と登場し、飽きのこない展開が続きます。アンドロイドと人間といえど、それぞれがそれぞれを大切に思っているところも伝わってきて、ハートフルな内容になっています。

1位:鈴木ジュリエッタの言わずと知れた大ヒット作!

 

2008年から8年間連載し、2012年と2014年にアニメ化もされた鈴木ジュリエッタの代表作。父親がギャンブルに溺れて蒸発、家も借金取りに奪われてひとりぼっち……という不幸な少女・桃園奈々生が主人公です。

奈々生が家をなくし公園で途方にくれていると、犬に追われている男性が。ミカゲと名乗るこの男性を助けたことで奈々生の生活は一変するのです。事情を話した奈々生に、ミカゲは自分の住んでいた家を譲ると言いその場を立ち去ったのでした。

神様はじめました 第1巻 (花とゆめCOMICS)
著者鈴木 ジュリエッタ 出版日2008-09-19

 

よくわからないままその場所へ向かうと、そこは廃れた神社。なんとミカゲはこの神社を居としていた土地神であり、この神社と土地神としての役目を譲られたことになってしまったのです。

その神社に住んでいたのはミカゲの神使の巴衛と鬼火童子の鬼切・虎徹という男の子たち。ミカゲが土地神だったときから仕えており、ミカゲが出て行ったあともこの神社を守り続けていたのです。

なんやかんやと彼ら一緒に暮らすことになった奈々生。鬼切と虎徹はともかく、巴衛はぶっきらぼうな態度でお互いに衝突ばかりしていました。それでも奈々生は、巴衛のさりげない優しさや性格を知るうちに巴衛のことが気になるようになっていきます。

人間がいきなり神様という立場になったため、奈々生にはもちろん相応の力がありません。そんな奈々生は他の妖怪に狙われることに……それを高見の見物状態だった巴衛ですが、隙をついて奈々生は巴衛と神徒契約を交わし、主従関係を築きました。そしてパートナーとして様々な困難を乗り越え、神様としての任務をこなしていくこととなったのです。

ドタバタとした神社での生活がおもしろおかしく描かれ、楽しい作品。もちろんシリアスなシーンもありますが、前向きで明るい奈々生の頑張りには毎度感動させられます。

そしてなんといっても気になるのは、奈々生と巴衛の恋愛事情!「人間の女は好きにならない」とはっきり言う巴衛に、奈々生はどうするのか……。物語が進むにつれて巴衛の過去や本心が明らかになっていきますが、このあたりは本当にページをめくる手が止まりません。

舞台設定自体がおもしろく、さらに登場人物は個性的なキャラばかりで毎巻楽しめます。恋愛模様にドキドキするのはもちろん、襲い掛かる困難にハラハラしたり、奈々生の成長に感動したり、ドタバタ生活に笑いが零れたりと魅力にあふれた作品です!

『神様はじめました』については<無料で読める『神様はじめました』の魅力をネタバレ紹介!人間×妖怪の恋模様>の記事で紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

マンガParkで無料で読んでみる【PR】

人間×人外という組み合わせから面白いストーリーをくり広げる、鈴木ジュリエッタ作品。ファンタジー好きにはもちろん、ラブストーリーからほのぼの、コメディ要素まで網羅した作品たちはどれもオススメばかり!お気に入りの作品が見つかること間違いなしです。

  • 1
  • 2

2021年11月25日

提供元:ホンシェルジュ

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル