top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

こんなとこまで海だったのか… 「縄文時代の関東地方」マップに反響「チーバくん、痩せてたんだな」

Jタウンネット

TVドラマ「日本沈没―希望のひと―」(TBS系)にはまっている人には、ちょっと見逃せないツイートが、話題になっている。

それは、2021年11月14日、江戸東京博物館の公式アカウント(@edohakugibochan)から投稿された、次のようなつぶやきだ。

「関東、沈没しちゃってるじゃん?」 と驚く人もいるだろうが、ドラマとはまったく関係ない。縄文時代の関東地方を示した図である。

「まるで、千葉県が島のようですね。海岸沿いに貝塚が分布しています。皆さんのお家のご近所にも、貝塚があるかも?」というコメントも添えられている。縄文時代の関東地方には海が深く入り込んでいたようだ。このツイートには、1万8000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散している(11月24日現在)。

広告の後にも続きます

ツイッターに寄せられた声を見てみよう。

「縄文海進とか言うヤツですかい?」 
「埼玉は海有り県だったんですね」
「ちーばくんも若いときは痩せてたんだな」

縄文海進とは、最終氷期(現在からみて最も新しい氷期。数万年前~1万年前ごろまで続いた)以降の海面上昇に伴い、縄文時代早期~前期に現在の海岸線よりも奥まで海が侵入したことを指す。

この縄文時代の関東地方について、Jタウンネット記者は江戸東京博物館に詳しい話を聞いてみた。

縄文時代の貝塚遺跡の多さを実感しよう

江戸東京博物館の学芸員によると、この図は2021年12月5日まで開催中の特別展「縄文2021―東京に生きた縄文―」の展示パネル等に使用するため作成したという。作成の狙いや見どころについて、こう語った。

「この図を作成した目的は、縄文海進による海岸線の後退と縄文時代貝塚の分布との関係を見ていただくことです。また、東北地方南部から静岡県東部までの広域地図にすることで、地理的・地形的に東京地方の位置関係を把握してもらうことも意図しています」
「この図の見どころは、縄文時代の貝塚遺跡の多さを実感していただくことです。それに加え、自分自身の住まいが当時はどういうところであったか(海!)探していただけると楽しめるかと思います。そして周辺の貝塚に興味をもって訪れていただければ幸いです」(江戸東京博物館学芸員)

海岸線は、時期ごとに変わっていく。その時期に沿って分布している貝塚に注目してもらいたいとのことだ。

「ピーク時には現在の海岸線に比べ、陸地のかなり奥まで海が侵入しております。現在の陸上奥にまで貝塚が見つかることの理由がわかります」(江戸東京博物館学芸員)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル