top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

チェルシー、条件次第で10番のアメリカ代表売却も? 獲得狙うクラブは…

フットボールチャンネル

チェルシー、条件次第で10番のアメリカ代表売却も? 獲得狙うクラブは…

 チェルシーは、条件次第でアメリカ代表FWクリスティアン・プリシッチの他クラブへの売却に応じる可能性もあるのかもしれない。リバプールやバルセロナが関心を示しているとも報じられている。

 2019年夏にボルシア・ドルトムントからチェルシーへ移籍したプリシッチは、過去2シーズンで公式戦77試合に出場し17得点14アシストを記録。昨季のチャンピオンズリーグ(CL)優勝への貢献も含めて一定の結果を残してきた。

 だが今季は負傷による離脱もあり、ここまで公式戦出場は6試合のみ。チームが好調な戦いを続けている中で、復帰を果たしても不動のポジションが約束されているわけではない。

 カタルーニャメディア『エル・ナシオナル』が伝えたところによれば、プリシッチは代理人を通してチェルシーに移籍を要請しているという。チェルシーとしては、移籍先がプレミアリーグ以外のクラブであり、移籍金5000万ユーロ(約65億円)が支払われるのであれば売却に応じる意思があるとされている。

 アフリカ・ネーションズカップによる主力不在に備えたいリバプールもプリシッチの獲得に関心を示しているとのこと。だがチェルシーは国内のライバルへの移籍を拒否すると見込まれる。バルセロナは財政面で移籍金を支払うのが難しい状況ではあるが、買い取り義務付きのレンタルや他選手の譲渡を含める形での交渉を試みる可能性があると報じられている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル