top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

慶應義塾大vs神奈川大

高校野球ドットコム

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

下山のサヨナラ2ランで慶応義塾大が劇的勝利

9回裏、サヨナラ2ランを放った3番・下山悠介(慶應義塾大)

 慶應義塾大にとっては苦しい試合だった。1回裏に1点を先制するも、2回表、二死満塁のピンチを空振り三振で凌いだと思われたが、捕手の福井 章吾(4年・大阪桐蔭)がまさかのパスボール。振り逃げで同点とされると、続く1番・渡邉宏祐(4年・桐光学園)の打球は投手・生井 惇己(3年・慶應義塾)の差し出したグラブを弾いたことで打球の方向が変わり、遊撃手の朝日 晴人(3年・彦根東)が追いつけず、中前2点適時打で勝ち越しを許してしまった。

 それでも慶應義塾大は3回裏に2番・萩尾 匡也(3年・文徳)の左中間へのソロ本塁打で1点を返すと、4回裏には8番・福井の中前適時打と1番・渡部 遼人(4年・桐光学園)の中犠飛で逆転に成功。5回表にバッテリーミスで同点とされるが、6回以降は長谷川聡太(3年・慶應義塾)、渡部 淳一(3年・慶應義塾)、増居 翔太(3年・彦根東)とリリーフ陣が好投を見せ、勝ち越しを許さない。

 試合は同点のまま9回裏に突入。神奈川大はこの回からエース格の神野 竜速(3年・西武台千葉)をマウンドに送る。慶応義塾大は先頭の渡部遼が四球で出塁すると、続く打者の初球が暴投となり、二塁に進む。ここで代打の新美貫太(4年・慶應義塾)が犠打を決め、一死三塁で「ミートする力はウチのチームではトップクラス」と堀井哲也監督が認める3番・下山 悠介(3年)が打席に入る。

 この場面で神奈川大の岸川雄二監督はマウンドに駆け寄り、「とにかく腕を振って、自分の納得いくボールを投げて勝負してこい」と神野に声をかけた。対する慶応義塾大の堀井監督は「余計なことを考えずに来た球を振りにいけ」と下山にアドバイス。「外野に運べば、1点入る状況だったので、何とか外野に運ぶという気持ちで打ちました」と下山は初球のストレートを振り抜くと、打った瞬間にサヨナラとわかるライトへの大飛球を放つ。打球はそのままスタンドまで届き、サヨナラ2ラン本塁打で慶応義塾大が大きな1勝をもぎ取った。

広告の後にも続きます

 この試合、ここまで無安打だった下山は「何とか一本出せてホッとしています」と安堵の様子。秋春のリーグ戦、全日本大学野球選手権大会に続く大学四冠まであと1勝に迫った。

 ソフトバンクからドラフト2位指名を受けた4番の正木 智也(4年・慶応義塾)は4打数4安打の活躍。「内容としては出来すぎかなと思いますけど、来た球に対してしっかり自分のスイングができているなという印象です」と好調ぶりを発揮している。4年生にとっては次が泣いても笑ってもラストゲーム。「ベンチに入っている25人だけじゃなくて、部員全員で勝ちに行きたいと思います」と副将を務める正木はチーム一丸で勝ちに行く姿勢を強調していた。

(記事=馬場 遼)



初球をとらえた下山悠介(慶応義塾大)

右前安打を放つ4番・正木 智也(慶應義塾出身)

犠飛を放つ1番・渡部 遼人(桐光学園出身)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル