top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ハンオシ』借金を返さない主人公にドン引き? 母役・杉本彩は「1人だけまとも」と好評

リアルライブ

 火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)の第6話が23日に放送され、平均視聴率が9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第5話の10.1%からは0.9ポイントのダウンとなり、自己最低視聴率を更新してしまった。

 第6話は、ある日、明葉(清野菜名)の母・葉子(杉本彩)と父・丈治(ルー大柴)が突然家にやって来てくることに。両親の登場で、明葉と百瀬(坂口健太郎)を繋いでいた借金問題にも急展開が訪れ――というストーリーが描かれた。

※以下、ネタバレ含む。

 ​>>『ハンオシ』、倉科カナに「本当に嫌な女」「リアルにいたら大嫌い」の声 ヒロインの反応に「不自然」指摘も<<​​​

 第6話冒頭で、明葉は百瀬との結婚生活を続けるため、返済ペースを落とすことを決意。最終的に返済金を月1万円に落とすことで40年近く掛けて返済し、老後まで一緒にいようと目論んでいた。そんな中、やってきた葉子は、自身の絵が売れたといい、結婚祝いとして500万円を明葉にプレゼントするという展開だったが――。

 「残り471万円となった借金を余裕で返せる額でしたが、明葉は返済を拒否。お金を百瀬に見つからないように隠していました。しかし、管理がガサツだったため、最終的にリビングにお金をばら撒いてしまい、百瀬にお金の存在がバレてしまいました。しかし、500万円もの大金を借りておいて、返済ペースを落としたり手元にお金があるのに返そうとしない明葉に、ネット上からは『ただただ非常識』『500万って額の大きさ分かってる?』『自分勝手』『借金しておいて不誠実だな~』『手元にお金あるのに返そうとしない人、好きになれないよ』という非難が集まってしまいました」(ドラマライター)

 そんな中、明葉の態度から母の葉子は「もしかして(百瀬)柊くんとの結婚はお金のため?」と全てを見抜いていたが――。

 「葉子はすぐに明葉に『借りたお金はちゃんと返しなさい』と、ご祝儀として渡した500万円から返すよう指摘。また、明葉が百瀬に想いを寄せており、結婚生活を継続したいがために借金を返さないことを知ってもなお、『としてもお金はちゃんと返しなさい』と至極まっとうに明葉を叱っていました。価値観がズレている登場人物が多いだけに、ネットからは『登場人物の中で1人だけまとも』『唯一の良心』『お母さんだけ正しい』という称賛が集まっていました」(同)

 果たして、明葉はちゃんとお金を返済するのだろうか――。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル