top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

菅田将暉の"才能の芽"を育んだ「菅生家の子育て」

BOOKウォッチ

3兄弟のあしあと(辰巳出版)<amazonで購入>

 「菅生大将」から「菅田将暉」ができあがるまでのすべて――。

 今月15日に結婚を発表した俳優・歌手の菅田将暉さん。ちょうど同じタイミングで、菅田さんの母・菅生好身(すごう よしみ)さんの著書『3兄弟のあしあと 才能の芽を育んだ菅生家の子育て記』(辰巳出版)が刊行された。

 長男・大将(たいしょう)は16歳で「菅田将暉」の名前をもらい、「仮面ライダーW」の主演でデビュー。次男・健人(けんと)は映像制作の仕事をしながら、YouTubeで歌を披露している。三男・新樹(あらき)は大学に通いつつ、モデルやファッションの仕事をはじめたという。

 「子どもが花を咲かせ、実を結ぶと信じて、土壌を整え、水や肥料をやってきました。具体的にどんなことをしてきたのかをまとめたのが、この1冊です」

菅生家の3兄弟。左から次男、長男、三男。(画像提供:辰巳出版)

とにかく仲がいい

 本書は、菅田さんの幼少期から中高生時代までの写真やエピソードをふんだんに盛り込みつつ、3兄弟がどんな子どもだったか、母としてどんなふうに接し、才能の芽を育み、困難に対処してきたかが綴られている。

 今をときめく人気俳優の母が、ここまで惜しげもなく披露するケースは稀ではないだろうか。父・新(あらた)さんを含め、とにかく家族の仲がいいことが伝わってくる。

■目次
 introduction
 息子たちとともに過ごしたこれまで 3兄弟のあしあとを振り返って
 第1章 才能の芽を育む子育て
 第2章 子どもの感性に寄り添う
 第3章 子どもの個性を尊重すること
 第4章 親から子へ授けられるもの
 第5章 コミュニケーションの豊かさは家庭から
 第6章 旅立つ子どもたちへ
 おわりに

表紙のイラストは3兄弟の共作。(画像提供:辰巳出版)
3兄弟と母のツーショット&母へのコメント。(画像提供:辰巳出版)

子どもが芽を選び、育てる

広告の後にも続きます

 「才能あるお子さんばかりに恵まれて、幸せですね」と、好身さんはよく言われるという。

 そこは謙遜せず、「幸せなのは間違いありません」とキッパリ。ただ、それは才能があるからというより、「それぞれが子どものときから個性を大事にし、自分らしく生きてくれているから」と書いている。

 では、子どもが「自分らしく」生きるために、親はなにができるのか。

 「3人とも幼いときから現在の道に進む”芽”のようなものが見えていました。そのための特別な教育はしていません。そのときどきで、本人のやりたいことや興味のあることを大事にしてきました。そうすれば、子ども自身がその中から自分に合う芽を選び、育てていくものなのでしょう」

 菅生家の場合、3兄弟が別々に才能を伸ばしていったわけではなく、互いに意識し合い、刺激し合い、「アイツががんばっているんだから」と思える、そんな好循環があったようだ。

 「人生を生きていくうえでそうした存在がいることは素敵ですし、それが兄弟間でできるなら、なおのこと素晴らしいと思います」

菅生家の3兄弟。左から次男、長男、三男。(画像提供:辰巳出版)

「母親のかがみ」と思われるが

 好身さんは「母親のかがみ」と思われることが多いというが、「そんなことはありません」と否定している。

 たとえば、毎朝「はよ起きぃ!」「あれ持ったん? 忘れもんないやろね!?」と大声を出していた。当時の家の中の空気はいいものではなく、子どもたちもムスッとしていたという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル