top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

トラブル解決に「飲み会」推奨? サントリー広告にネット反発「下戸には地獄でしかない」

J-CASTニュース

サントリーホールディングス(大阪市北区)が展開した広告に、ネット上で拒否感を示す声が上がっている。

問題解決の手段として「飲みニケーション」を推奨するような内容に、「『飲まない、飲めない人どうすんの?』ってなる」「同調圧力を感じる」といった反応が出ている。

「俺が1番嫌いな酒飲みの発想」

注目されているのは、「人生には、飲食店がいる。」と題したシリーズ広告の1つだ。コロナ禍で利用が控えられてきた飲食店を応援するため、改めてその価値や魅力を伝える狙いで展開している。

広告はあるツイッターユーザーが2021年11月21日、バス停に掲示されたポスターを取り上げたことで話題となった。ポスターには、

「たいていのトラブルは『よし飲み行こ!』で解決できる」

というキャッチコピーと、談笑している人物2人のイラストが手書き風に描かれている。

広告の後にも続きます

投稿者は「俺が1番嫌いな酒飲みの発想」と評して広告を紹介。投稿は4600件以上のリツイートや1万3000件超の「いいね」を集めた。

トラブルを解決するための手段として、アルコールを介した親交を勧めるような広告の内容に、ツイッターでは、

「『飲まない、飲めない人どうすんの?』ってなる」
「同調圧力を感じる」
「下戸には地獄でしかない」
「酒は好きだがこんな思考にはならない」

などと反感を示すような声が上がっている。

ネットの反応は「認識しています」

サントリーホールディングス・広報は24日、J-CASTニュースの取材に、ネット上で広告に対して否定的な意見が出ていることについては、「認識しています」とする。

そのうえで、前述のような反応をどのように受け止めているか、また広告の制作意図やターゲットに関してそれぞれ質問したが、回答は

「苦しい立場におかれている飲食店も多い中、飲食店を応援するメッセージを多くの人にお届けしたいと思い企画しました」

だけだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル