top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

シャビ監督はバルセロナを向上させている。 初戦からさらに改善、絶大な安心感を与えていたのは…【欧州CL】

フットボールチャンネル

シャビ監督はバルセロナを向上させている。 初戦からさらに改善、絶大な安心感を与えていたのは…【欧州CL】

グループ突破は絶望的?

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグE第5節、バルセロナ対ベンフィカが現地時間23日に行われ、スコアレスドローに終わっている。バルセロナはこれで決勝トーナメント行きが難しい状況に。しかし、そこまで悲観すべきでもない理由は?(文:小澤祐作)

—————————–

 バルセロナにとって、このスコアレスドローは痛すぎる結果と言わざるを得ない。

 グループリーグ5試合を終え勝ち点7となっているバルセロナは、最終節でバイエルン・ミュンヘンと対戦する。ドイツの絶対王者はすでにグループ首位通過を決めているため最終節でメンバーを落としてくる可能性は高いが、それでも力はある。アウェイでの戦いということもあり、バルセロナが彼らを下すのは当然ながら簡単なことではない。

 しかし今回のドローにより、自力でグループ突破を決めるには、そのバイエルンに勝利することが絶対条件となってしまった。仮に引き分け以下の成績で終えても、3位ベンフィカが勝ち点1以下に終わればベスト16入りは決まるのだが、彼らの最後の相手はここまで未勝利のディナモ・キエフ。しかもホームでの一戦だ。勝ち点3の取りこぼしには期待できないため、やはりバルセロナは生き残るために何がなんでもバイエルンに勝つ必要がある。

広告の後にも続きます

 と、かなり厳しい状況に追い込まれてしまったバルセロナだが、0-0に終わったベンフィカ戦はそこまで悲観すべき内容ではなかったのも事実。むしろ、今後に向けての収穫も多く見つかっていた。

「チャンスは作れていた」

 シャビ・エルナンデス新監督は、初陣となったエスパニョール戦とは異なり、3-4-2-1のフォーメーションを採用してきた。ベンフィカのスタイルを考えて、という意味もあっただろう。

「ボール支配」はシャビ監督が求めるテーマの一つで、この日もポゼッション率を高めていた。その中心にいるのはセルヒオ・ブスケッツであり、相棒フレンキー・デ・ヨングはそこをしっかりとサポート。そして、ジョルディ・アルバとユスフ・デミルの両ウイングバックが幅を取り、ニコ・ゴンザレスとガビのツーシャドーをハーフスペース、メンフィス・デパイを中央に置くことで、いわゆる5レーンを確実に埋めながら攻撃を繰り出していた。

 シャビ監督の元、スペースを利用する意識は格段に上がったと言っていいだろう。このベンフィカ戦では、デパイが下がったことでできた空間にシャドーが走り込んだり、ダミーとなったWBの裏のスペースにボールを落とす場面が何度も見られていた。人が意識高く動けば、必然的にボールの動きも活発になる。クーマン前監督の元で、こうした連動性はあまりなかった。

 42分の場面は、その形が最もわかりやすく表れていた。

 最終ラインでボールを持つと、ニコが裏へ走り相手DFを引き付ける。それによりできた空間へデパイが下りてパスを受け、ブスケッツへバックパス。すると今度は、ボールが下がったことで前掛かりとなっていたベンフィカDF陣の背後をデミルが素早く突き、ブスケッツからのスルーパスを呼び込んだ。結果、デミルは敵陣深くで1対1の状況を作り出し、最後はポスト直撃のシュートを放っていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル