top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アップルがiPhone「セルフサービス修理」開始も危うさ満載の予感!?

アサ芸Biz

 ついにiPhoneの修理が個人でもできるようになるが、取り扱いには十分な注意が必要になるかもしれない。

 11月17日、米アップルは「セルフ・サービス・リペア」を開始すると発表した。同サービスはiPhoneなどの修理用部品を個人にも販売するもので、22年からiPhone12と13のディスプレイやバッテリー、カメラなどの提供をまずはアメリカから開始し、その後、他の地域に広げていくという。

「これまでアップル製品を修理するには、公式ストアか認定修理プログラムに加盟する正規の修理業者に依頼しなければなりませんでした。しかし、アメリカでは個人で修理ができないことに不満の声が高まっていて、同社が本社を置くカリフォルニアを含む10以上の州で『修理する権利』に関する法律が検討されるなど大きな問題となっていました。今回、これにアップルが譲歩したものと見られています」(ネットライター)

セルフ・サービス・リペア」では必要な部品をアップルから購入し、修理方法はオンラインで公開されるマニュアルを参考にして行うことになる。部品の価格はまだ明らかにされていないが、これまでより安上がりに修理できることは間違いないことから、修理費用の問題でディスプレイのヒビ割れなどをそのままにしているユーザーにとっては朗報だろう。なお、今後はiPhoneだけでなく、Macなどの修理も可能になるという。

広告の後にも続きます

「ひとつ注意しなければならないのは、このサービスを受けるにはある程度の専門的な技術が必要ということです。iPhoneは非常に緻密で繊細な作りになっていますから、素人が日曜大工感覚で修理してしまうと、余計に故障が深刻な状況になってしまうでしょう。あくまで玄人向けということを理解して、不慣れな人はプロに頼んだ方が無難です。また、『セルフ・サービス・リペア』の提供によって個人でiPhoneの修理を請け負う人も出てくるかもしれませんが、アップルのサポート外になる可能性も高く、個人情報の漏洩につながる危険もあるため、そちらも注意が必要かもしれません」(ITジャーナリスト)

 素人は安易に手を出さない方が良さそうだが…。

(小林洋三)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル