top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鈴木誠也の移籍先本命はマリナーズか。GMの「日本人選手なしで開幕を迎えるという選択はしない」発言に注目

web Sportiva

 広島カープの主砲・鈴木誠也を射止めるのはどのチームになるのか。

 現地時間11月21日、MLBはポスティングシステムを通じてメジャー行きを目指す鈴木誠也を「契約可能選手」として全球団に通達。今後、譲渡金を払う意思があるすべてのチームと30日間の交渉期間に入る。

「鈴木誠也? 彼の名前は知っているし、調査もしている。現時点で言えるのはそれだけだが、いいプレーヤーだということはわかっている。右打ちの強打者はファン・ソト(ナショナルズの主砲)とフィットするか? 常に補強を求めていくのは事実だが、右だろうが左だろうが、ソトには誰でもフィットするよ」

 11日までカルフォルニア州サンディエゴ近郊で行なわれたGM会議の際、ナショナルズのマイク・リゾGMはそう述べたが、鈴木への関心を隠さないGMは多かった。


MLBの複数の球団が鈴木誠也の得に興味を示している

 当時は鈴木本人がポスティング移籍を公言しておらず、具体的な話が許されなかったGM会議中ですらそうだったのだから、今ならより詳細な話が出てくるだろう。”争奪戦”という表現は日本メディアの”飛ばし”ではなく、鈴木が複数のチームから強い興味を持たれていることは間違いない。

「日本人野手の獲得はリスキー」という見方は、メジャーでは半ば定説になった感もあり、実際に日本での好成績は渡米後の活躍に必ずしも直結しない。ここ数年で秋山翔吾、筒香嘉智が適応に苦しんだことからも、あらためてそれが証明されたと言っていい。ただ、鈴木の場合、確実性とパワーに裏打ちされた日本での打撃成績はハイレベルで安定している上に、外野守備やスピードもプラス評価であることが、トータルでの高評価につながっているのだろう。

 年齢的にも今がピークの鈴木には、2年前に西武からシンシナティ・レッズに移籍した秋山の3年2100万ドル(約23億9400万円)よりも上の条件が提示される可能性が高そう。アメリカの王手移籍情報サイトである「MLBトレード・ルーマーズ」は、鈴木の新契約は5年5500万ドル(約62億8000万円)と極めて好意的な予想を展開していた。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル