top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Hey! Say! JUMPデビュー15年目で語るカラオケ大会の思い出

女性自身

Hey! Say! JUMPデビュー15年目で語るカラオケ大会の思い出

いよいよ、デビュー15年目に突入したHey! Say! JUMP。11月24日には、15周年イヤー第1弾シングル『Sing-along』が発売。そんな、Hey! Say! JUMPの8人に、「自分にとってほかのメンバーはどんな存在か」をそれぞれインタビュー。お互いへの感謝をあらためて言葉にしてもらいました。思い出話に花が咲いた座談会も要チェックです!

 

――自分にとってほかのメンバーはどんな存在?

 

■山田涼介(28)

広告の後にも続きます

有岡→幼馴染みみたいな感じ。最近はサウナーのイメージが強い(笑)。

伊野尾→バラエティで、斬り込み隊長をやってくれる(笑)。

高木→みんなのお兄ちゃん。最近、メンバーをまとめる機会が増えた気がする。

知念→相棒かな。お互いのことを理解し合ってるから、あうんの呼吸ですね。

中島→ライバル。比較されることも多かったし、今でもいい意味で意識してますね。

八乙女→グループの緩和剤。いるだけで場が和みます(笑)。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル