top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

華やかだけど実力主義。人気の職業・アナウンサーになる方法や必要なスキルって?

ホンシェルジュ

アナウンサーとはテレビやラジオで情報を的確に伝える仕事です。メディアに出演し多くの人の目に触れているため、華やかな世界というイメージが強い方も多いはずです。しかし、アナウンサーの仕事は正しい発音や日本語を話す技術に加えて、幅広い知識・英語などの語学力を必要とします。華やかさだけではなく、常に勉強や努力が必要な仕事です。この記事ではアナウンサーの仕事内容や必要な知識・スキルを解説します。アナウンサーに憧れ・興味を持っている方はぜひチェックしてください。

アナウンサーとは?必要な知識や技術を知る

アナウンサーとはどんな仕事?

アナウンサーとはテレビ・ラジオで原稿を音読し、情報を視聴者に伝える仕事です。テレビ局・ラジオ局の社員で実際に出演するのは基本的にアナウンサーのみ。メディアへの出演や音読に必要な専門知識・技術を持っている専門職です。

最近はスタジオで原稿を話すだけではなく、次のような仕事もアナウンサーが務めています。

現地でのレポート中継(ニュース・スポーツなど)番組の司会進行やアシスタント取材対象へのインタビューナレーションイベントの司会進行

アナウンサーは「話すプロ」としての技術を活かし、原稿を読む以外の仕事もこなしていきます。また、テレビ局のアナウンサーはタレント的な役割も果たすようになり、バラエティ番組などでタレントと一緒にトークをおこなうこともあります。

アナウンサーとキャスターは似た仕事として認知されています。2つの仕事の違いは下記の記事を参考にしてみてくださいね。

5分でわかるキャスター!アナウンサーとの違いや目指すためのステップなどを解説
https://honcierge.jp/articles/shelf_story/9198

アナウンサーに必要な知識や技術は?

広告の後にも続きます

多様な仕事をおこなうアナウンサーに必要とされる知識や技術はどのようなものがあるのでしょうか。大きく分けると下記の5つの能力が必要と言われています。

話す・読む技術日本語の正しい知識幅広い知識・一般教養不快感を与えない所作・礼儀作法体調管理

アナウンサーは「話す」「読む」ことが最大の仕事。正しい発音やイントネーションなど話す技術が必要です。また、日本語の正しい知識も身につけなければなりません。読み間違いが許されないことはもちろん、意味を取り違えているとニュアンスが間違って伝わることもあるからです。

話す技術や正しい日本語を知って初めて視聴者にとって聞き取りやすい言葉でわかりやすく伝えられるのです。

アナウンサーはさまざまな原稿を読み、いろいろな情報を画面の向こう側にいる視聴者に伝えます。自分が伝える原稿や情報についての知識を持っていなければ伝えることはできません。国内・海外のニュースや経済・社会・一般教養の知識を日々勉強しているのです。

メディアに出演する上で視聴者に不快感を与えないことも重要。お辞儀や歩き方といった所作や礼儀作法は身につけるべきスキルです。また、アナウンサーの仕事は非常にハードと言われています。朝のニュース番組であれば、夜明け前から準備が始まります。細かい体調管理ができなければ安定した仕事をおこなうことはできないでしょう。

メディアの出演を通して大勢の人に影響を与える仕事だからこそ、アナウンサーにはレベルの高い知識・技術が求められます。

アナウンサーになるには?採用試験の倍率が高いって本当?

テレビ局やラジオ局に就職する

  • 1
  • 2

TOPICS