top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

本好き・芦田愛菜の大抜擢もナットク!映画化原作『星の子』の不思議な読み応え

ホンシェルジュ

あらすじだけみても、ちひろの置かれている状況に驚かれるのではないでしょうか。こちらでは、主要な登場人物をご紹介していきます。主人公であるちひろは未熟児として生まれた影響か身体が弱く、5歳の時には酷い湿疹に悩まされていました。全快はしましたが、そのことがきっかけで両親は新興宗教にハマっていきます。

病弱で両親が心配し、べったりとしていたせいもあってか、ちひろは同年代の子どもよりも幼い印象があります。ちひろの両親は、物語冒頭では子どもを心配する親そのものでしたが、物語が進むにつれてどんどん宗教にのめり込んでいきます。本作を書くきっかけとなった、夫婦らしき男女が水を掛け合う姿がちひろの両親の場面として登場しますが、想像した場面とは違った異様さが漂います。姉・まさみはそんな両親に反発心を抱えています。

家庭事情が原因で周囲から浮いた存在であるちひろを、世間につなぎとめてくれる役割をするのが、親友となるなべちゃん。小学校の時にちひろの学校にやってきた転校生で、ドライな性格をしています。なべちゃんの存在があるからこそ、ちひろは両親とともに宗教にのめり込むわけでもなく、どちらでもない境目に立っていることができたのです。

見所1:普通とは一体何なのか?ふわふわとした不思議な世界

あらすじや登場人物など、基本的な作品の情報を見ていただいたところで、見所をご紹介していきましょう。

まずはさまざまな着眼点で「不思議」という言葉と切り離せない点です。それは今村夏子の文体の独特のリズムから生みだされている部分もあります。そして本作に限って言えば、自分の持つ普通の概念が崩壊し、何が幸せで何が不幸なのか、決めかねてしまうところが「不思議」という感覚に繋がっているのではないでしょうか。

広告の後にも続きます

「新興宗教に両親がハマっている」という状況は、周囲から見れば少々異様に映ります。ちひろの両親は仕事もやめ、活動にのめり込んでいます。その姿は、普通とはいいがたい空気があるでしょう。事実ちひろはそのこともひとつの要因となり、学校でうまく馴染めませんでした。それは客観的にみると「不幸」であるように感じますが、ちひろ自身はなべちゃんの存在もあり、そこまでつらい経験だと感じていません。

物語が進むと、両親に反発した姉が家を飛び出すという展開があります。姉にとって、変な宗教にハマる両親は自身の不幸の象徴でしょう。姉は間違いなく不幸ですが、ちひろは成長するにしたがって違和感や恥ずかしさを覚えるものの、自身が不幸であるとは微塵も考えていないのです。

普通に考えてみれば不幸なのに、ちひろ自身や両親たちは不幸だとは考えていない。この感じ方の齟齬が不快ではないのが、今村夏子の文章の力なのでしょう。林家は客観的にみれば普通ではないのに、彼らにとっては当たり前で普通の生活です。「普通って何だろう」とつい考えたくなってしまう、林家を取り巻く状況と生活が見所のひとつです。

見所2:崩壊かそれとも希望か。考えさせられる美しくも静かな結末

見所をもうひとつご紹介いたしましょう。親友なべちゃんとの場面など見所は多いですが、最も注目してほしいのは結末です。

物語はちひろが誕生した時から、中学3年生までの成長過程が描かれています。中学3年生になったちひろは、同級生や先生、俳優に恋をするなど周囲の女の子と変わらない感情を抱えていました。その一方で、両親とともに教団の行事に参加するなど、普通であって普通ではない生活も続けています。

高校受験を控えた中学3年生のちひろは、周囲から自分たちがどのようにみられているのかを知っています。手痛い経験もし、客観的な視点を手に入れたちひろがどのような未来を選択するのでしょうか。物語の最後は、宗教施設で両親とともに星空を眺めるちひろの姿が描かれています。

この星空を眺める場面で、ある印象的な描写があるのですが、読者によってとらえ方が変わるでしょう。果たしてそれは希望なのか、それとも崩壊の象徴なのか、星空という美しい環境の中にあるちひろの心情を想像すると、深く考えさせられます。

芦田愛菜主演で『星の子』が実写映画化決定!2020年公開予定

本作は実写映画化が決定しており、2020年公開予定です。

2020年4月から高校に進学した芦田愛菜がちひろとして主演。ばっさりと髪を短くした姿をインタビュー動画で披露しています。本好きでとしても知られる芦田愛菜自身が原作を読み、「髪の長いままの自分はちひろにはなれない」と考えたそう。

詳細な公開日やその他のキャストなど最新の情報は、芦田愛菜主演、映画『星の子』公式サイトでご覧いただけます。

彼女がどのようにこの物語を読み解き、役作りをしたのか。原作『星の子』を手に取って思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

監督を務めたのは、『まほろ駅前多田便利軒』や『さよなら渓谷』の実写化映画の監督としても知られる大森立嗣。アウトサイダーな人々に光を当てた作品を多く手掛ける監督です。

大森立嗣についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

大森立嗣のおすすめ監督映画ドラマ11選!実写化の名手が光を当てた原作が面白い

普通なのに普通ではない、不思議な家族と少女の物語『星の子』は、2020年芦田愛菜主演での映画化が決定しています。ちひろがどのような環境で育ってきたか、どういう子なのかを知っていると、がぜん映画にも興味がわくのではないでしょうか。一般的に普通じゃないことは不幸なのか。そんなことを頭の片隅に置きながら本作をお手にとって、ちひろの成長を見守ってください。

  • 1
  • 2

2021年11月24日

提供元:ホンシェルジュ

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル