top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

本好き・芦田愛菜の大抜擢もナットク!映画化原作『星の子』の不思議な読み応え

ホンシェルジュ

中学3年生の少女を主人公に、カルト宗教にのめり込む家族の崩壊と人間関係、そして少女の成長を淡々と描いていく『星の子』。2017年の芥川賞候補にもなったこの今村夏子の作品は、背景の不穏さはありながらも思春期の少女の危うさ、瑞々しさが際立ちます。主人公を等身大で演じる芦田愛菜と同年代の方にもおすすめ、2020年映画化予定の本作の見所をご紹介いたします。

『星の子』で芥川賞候補にあがった今村夏子

まずは作者、今村夏子がどういった人物なのかをご紹介していきましょう。1980年2月20日生まれ、広島県広島市の出身です。県内の高校を卒業後、大阪府の大学に進学。卒業後は清掃のアルバイトなどを転々としてきました。

29歳の時、アルバイトをクビになったことがきっかけで小説を書き始めます。ノートに手書きしていたものを清書した「あたらしい娘」で2010年太宰治賞を受賞。同作を改題し、新作中編を収録した筑摩書房『こちらあみ子』で作家デビューを果たします。2014年に文庫化された際に新作が収録されましたが、それ以外での作品発表はなく沈黙状態になってしまいます。

『こちらあみ子』は2011年に三島由紀夫賞も受賞しているのですが、その際に今村夏子は今後書く予定はないという趣旨の発言をしていました。プレッシャーからか、思う用に欠けない時期が続いていたのです。長らく新作を発表していませんでしたが、翻訳家の西崎憲に誘われ、2016年新創刊された書肆侃侃房の文芸誌「たべるのがおそい」に、新作『あひる』を発表。芥川賞候補作となります。

その後は作品を発表し、次々に評価を得るように。2017年の『星の子』で芥川賞候補に。2019年には、『むらさきのスカートの女』で芥川賞を受賞しました。2020年は、文藝春秋より『気になった亜沙』を発表しています。私生活では2013年に結婚。長女を出産し、子育てをしながら執筆活動を続けています。

著者今村夏子 出版日

今村夏子は自身のことを、特定の人としか話をせず、人並みのことができない劣等感を抱えた子どもだったと語っています。そんな経験があるからか、今村作品の多くは社会に馴染めないヒロインが登場します。彼女たちを中心に、不穏な空気をはらみながらも淡々と、ユーモアを交えて物語は進んでいくのです。

広告の後にも続きます

今回ご紹介する『星の子』は、大阪の路上で夫婦らしき男女が頭に水を掛け合っていたのを見たのがきっかけで誕生した物語。友人曰く「カッパみたい」だというその姿から着想を得た物語は、何も知らなかった少女の成長に合わせ、世界が少しずつ変化していきます。

『星の子』のあらすじ

沈黙の期間は長かったものの、再び新しい作品が読めるようになったというのは、読者としては嬉しいことです。水を掛け合う夫婦という不思議な光景から誕生した本作は、どのような物語なのでしょうか。

主人公の林ちひろは未熟児として誕生し、病弱でした。5歳の時、原因不明の湿疹に悩まされます。夜中に激しいかゆみに泣き叫ぶ娘を見て途方に暮れた両親は、父の会社の同僚である落合さんに相談を持ち掛けます。落合さんは万病に効くという水を分けてくれました。その水で身体を洗い続けたところ、2か月ほどで全快します。

落合さんは「金星のめぐみ」という新興宗教団体に入信していました。「金星のめぐみ」は、怪しげな聖水や壺、水晶などを売っており、県境に「星々の郷」という広大な教団施設も持っています。水の力と落合さんにすっかり心酔したちひろの両親は、「金星のめぐみ」の活動にのめり込んでいくのでした。

ある日、落合さんの家に林家が招かれました。5歳上の姉であるまさみは、終始つまらなさそうにしています。しかしちひろにはなぜだかわかりません。そんな彼女は、喋れないという落合家の息子が、実は喋れるという事実を知ってしまうのでした。

著者今村夏子 出版日2019-12-06

小学校、中学校と進学していくにつれ、宗教にのめり込む両親や自分を「外」の視点からも捉えるようになるちひろ。成長していく彼女の心情の細微を追っていく物語です。

登場人物

  • 1
  • 2

TOPICS